ネット界の“旬”なニュースをお届け!

手術の宮迫に芸能人からエール続々

2012.12.11 TUE

噂のネット事件簿


恐妻家で知られる宮迫への気遣いを見せた“鬼嫁”北斗晶。「しっかり治療して元気に帰って来てくれるといいね」とエールを送っている ※このページの画像はサイトのスクリーンショットです
12月7日、雨上がり決死隊の宮迫博之が胃がんの手術を受け、5時間にも及ぶ手術は無事終了。芸能人からはブログで次々とエールが送られている。

宮迫の胃がんは、6日に公表された。するとブログ上では、ジャガー横田の夫で医師の木下博勝が、

「自覚症状がなく、健康診断で偶然に発見されたとの事で、早期の段階である可能性が高いと考えます。(中略)早期の胃がんは、いわゆる治るがんでして、治療を受ければ、95%以上の方が助かります」

と、医師ならではお見立てを披露。また、2008年、子宮頸がんにより子宮の全摘手術を行った三原じゅん子は、

「ショックだったでしょう、、。
しかし早期発見だとか。
初期で見つかったのなら大丈夫でしょう。(中略)
皆さん!検診に行きましょう!」

と、自らの経験を踏まえた意見を述べた。手術当日にはベッキーも「今日、宮迫さんの手術がうまくいきますように」という短いエントリーをブログで発信するなど、心配の声が寄せられていた。

そして7日に手術が無事成功すると、北斗晶が「宮迫さん…しっかり治療して元気に帰って来てくれるといいね」と、宮迫の健康を改めて気遣うコメントをブログで発表したのほか、クリス松村も「無事、手術を終えられたということで、良かったです!」とコメントしている。

宮迫自身は病気を発表後もツイッターの更新を続けていたが、手術直前の6日に、

「と言う訳で、明日からしばらく治療に専念いたしやす(^。^)Twitterはしばしお休みですm(_ _)m でわでわ、しばしサラバ♪( ´▽`)」

と述べている。しかし、宮迫のツイッターのフォロワー数はこの1週間でおよそ5万人近く増加しており、回復宣言を待ちわびている人は多いようだ。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト