黄金期、プラチナ期の次はダイヤモンド期?

16年目を迎えるモー娘。の今って?

2012.12.11 TUE


現在のモーニング娘。(上段左から)鈴木香音、生田衣梨奈、譜久村 聖、飯窪春菜、工藤遥、佐藤優樹。(下段左から)鞘師里保、道重さゆみ、小田さくら、田中れいな、石田亜佑美
“アイドル戦国時代”と呼ばれて久しい。“国民的アイドルグループ”と呼ばれるAKB48をはじめ、今年、紅白出場を果たす、“ももクロ”こと、ももいろクローバーZなど、さまざまなアイドルグループがブレイク中です。そんななか、忘れちゃいけないのが、2013年で結成16年目を迎える“モーニング娘。”だ。

ファンの間で“黄金期”といわれている絶頂期も過ぎ、「昔はテレビで観たりしていたけど、今はよくわからない」という人も多いかもしれませんが、彼女たちは、今もなお進化中。

とくに、5期メンバーの高橋愛がリーダーだった2007年以降、ファンの間で“プラチナ期”と呼ばれていた時代は、ダンスや歌の技術は飛躍的に上がりました。つまり、“黄金期”より進化しているのです。

そして現在、11人となったモーニング娘。は、かなり“オモシロいこと”になっています。それぞれの個性が輝いていて、まるでマンガの登場人物のように“キャラ立ち”しているのです。……というわけで、現モーニング娘。のメンバーを、何人か紹介しましょう。

まずは、自らを「異常なほど可愛い」と押す、ナルシストなリーダー“道重さゆみ”と、見た目はヤンキーな博多娘。な“田中れいな”。このふたりは6期メンバーですが、それ以外は、昨年入った9期(4人)、10期(4人)。そして今年入ったばかりの11期(1人)と、ここ1~2年に加入したメンバーばかり。

現在、モー娘。のセンターを担う、“鞘師里保”(さやしりほ・14歳)は、真面目で引っ込み思案な性格だが、アクターズスクール出身で高度なダンススキルを持っています。前リーダーの新垣里沙の熱烈なファンで、自身がモーニング娘。のメンバーにも関わらず、新垣のバスツアーにファンにまぎれて参加したりする“生田衣梨奈”(いくたえりな・15歳)や、「祖父が趣味で電車を一両買った」「その電車を入れるために巨大な倉庫を建てた」というスーパーお嬢様“譜久村 聖”(ふくむらみずき16歳)。ものすごく美少女なのに、中身はガキ大将のような“工藤遥”(13歳)。独自の言葉をあやつり、“アイドル史上、最強の天然”と呼ばれる“佐藤優樹”(さとうまさき・13歳)など実に多彩。

さらに、抜群の歌唱力で、たった一人の11期生として合格した小田さくら(13歳)も注目度大。メンバー全員が、ここでは書ききれないほどカラフルなキャラクターなんです。

“黄金期”のメンバーに負けないキャラの濃さ、そして、“プラチナ期”のスキルをあわせ持つ現在のモーニング娘。は、黄金やプラチナよりも輝く“ダイヤモンド期”と言っても過言ではありません。

2013年、アイドル戦国時代に風を吹かせるのは、2度目の絶頂期が期待できるモーニング娘。かも。今回紹介できなかったメンバーも合わせて、11人の名前、今からしっかり覚えておいてくださいね。
(篠本634/shortcut)

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト