気になる“あのコ”のシゴトーク/104

阿久津ゆりえ「ポジティブに前に」

2012.12.13 THU


撮影:堀清英
『SEDA』や『mina』など、“青文字系”と呼ばれる雑誌のモデルとして活躍している阿久津ゆりえちゃん。本格的にデビューしてからは1年だが、その4年前から読者モデルとして経験を積んできたのだ。

「東京に遊びに来たときに、美容師さんにヘアモデルをやらないかって言われたのが、モデル活動を始めるキッカケでした。周りの子よりはお仕事感覚は強かったんじゃないかと思いますね」

ゆりえちゃん、実家が美容室。そんな背景もあって、美容師を志して群馬から上京したが、モデル活動の楽しさに目覚めてしまったらしい。

「お母さんに相談して、いざとなったら帰ってこいってことで」

モデルを仕事に選んで5年、どうやら群馬に帰るのはしばらく先になりそうだ。今やモデルのみならず、CMやウェブドラマなど、活躍の幅を広げている。

「今はやれるだけやりたいです。お芝居もどんどんやっていきたいですね。ゆくゆくは…貫地谷しほりさんみたいな、映画なんかでも主人公のそばにいて、しっかり雰囲気が出ているような。今の課題は、セリフをいかに自分のものにできるかですね。とりあえずポジティブに前に進み続けることだと思っています」

まもなく24歳の誕生日を迎えるというゆりえちゃんの目標。仕事はもちろん、プライベートでもポジティブさを大切にしたいのだとかとか。ではその中身、たとえばDJについて。

「かれこれ2年半くらいやっています。友だちにDJが多くて、やっていたらどんどん楽しくて、かなりのペースで回していますね。あ、でもこれは仕事にする気はなくて、楽しんでやれていたらいいかなって」

とはいえ、クラブで遊ぶことはあまりないのだとか。なにせ、12時前には寝てしまう健全さ。それに、ほかにもいろいろ“好きなこと”が多いのだ。

「月2くらいで友だちと体育館を借りてバスケをやっています。中高6年間やっていて、今でも体育会系女子ですね。あとはカフェ巡りとか、インテリアも好きでジャーナルスタンダードファニチャーのゴツい木目の家具にハマっているところです。ただ、家はかわいいピンク系になりつつあるんですが(笑)」
吉州正行

  • 阿久津ゆりえ

    1988年群馬県生まれ。ワコールWEBショートドラマ『Fit For My Life~下着にまつわる物語~』に主演中。ちなみに好きな男性のタイプは「空気感がいい人ですかね。笑顔が好きで、趣味が合ったら最高ですね。バスケとかカフェに付き合ってくれるような」
  • DJ活動

    年末にかけて、出演イベント多数なのだとか!16日「仮装舞踏会」15時~22時@TRUMPROOM。22日「monster IN Xmas」22時~midnight@ever。28日「ISLAND4thAnniversary22時~midnight @ATLANTIS

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト