年末年始のヒットゲーム入門

第2回 X’masデートは恐怖がキーワード!?

2012.12.20 THU

年末年始のヒットゲーム入門


ビクッと驚かさせられる「バイオハザード」ならではの、スリルはもちろん健在! 怖さだけでなく、シナリオを進めていくと明らかになるバイオテロの真相や、感動のストーリーも見逃せません!

感情を揺さぶる、上質の自宅エンタメツール!? 「バイオハザード6」



女性とクリスマスを楽しく過ごすにはどうしたらいいのか…R25世代のオトコとしては、毎年恒例の課題。練りに練ったプランで挑みたいところですが…。

「意気込みすぎて、スケジュールを詰めこみ過ぎるのもかえってよくありません。場所やイベントの思い出ばかり残ってしまい、肝心なデート相手の印象が薄れてしまうこともあります。心がけてほしいのは、接触回数や共有できる時間を増やし、相手との距離を縮めることです」

そう教えてくれたのは、ビジネスから恋愛まで、あらゆるシチュエーションでの対人術に長けたコミュニケーション講師の藤田尚弓さん。

「さらに、高層ビルのレストランに行って、シャンパンで乾杯…など、いかにもクリスマスらしい演出は、ビジネス関係や友達同士など、他の人たちともやっているケースが多く、目新しさを感じてもらえないかもしれません」

うーん、確かに…。では、どんなクリスマスなら女子ウケがいいんでしょうか?

「ケーキやお料理でムードを作りつつ、しかもリラックスできる自宅のクリスマスが案外いいかもしれませんよ。恋人未満のカップルの場合でも、クリスマスは部屋に招く側、遊びに行く側ともによい口実になるのではないでしょうか。それでも抵抗や照れがある場合は、男女複数人にして、自宅ならではの理由などを追加してあげると、誘ったり、誘われたりしやすい状況になるでしょう」

むむ、これはなかなか使えそう! お家で映画鑑賞もいいけれど、やっぱりそれってありきたりかも・・。それなら、「バイオハザード6」でゲーム三昧…なんて作戦はどうでしょうか?
最新作『バイオハザード6』は、PS3、Xbox 360の2つのハードから発売中! DLして遊べるダウンロード版の発売も決定!
「知ってはいても体験したことがない…というイベントのお誘いには、女性は弱いもの。TVゲームに精通している女性は多くなさそうなので、タイトルを知っていそうなゲームで誘うのは、いいかもしれません。また、女性からの好感度を上げるために一番大切なのは、同じ達成感を得る体験をすること。職場恋愛や職場結婚が多い理由は、仕事で同じプロジェクトに携わり、一緒にゴールを目指すうちに恋愛感情が芽生える…というパターンが多いため。協力しながら、ストーリーを進めていくタイプのゲームなら、同様の効果があるのではないでしょうか。さらにホラー要素のあるゲームなら、不安や恐怖などの刺激が、吊り橋効果と同じく、恋愛に有効に作用してくれるかも」

コレは期待できそうですね! そうと決まれば、さっそく声をかけてみることにします! 一緒にゲームをするときの注意点って、ありますか?

「女性と一緒に何かをやるときは、教えてあげること・手助けすることも好感度を上げる重要なポイント。やさしさも大切ですが、グイグイ引っ張って、オトコらしさを見せられるようにするといいかと思います」

ゾンビやクリーチャーが登場する『バイオハザード6』なら、スリルたっぷりで、クリアしていく達成感も◎! 2人での協力プレイはもちろん、オンラインでは最大4人までのマルチプレイに対応しているし、彼女との距離を縮めるのにも役に立ってくれそうです。例えば扉から突然出てくるゾンビに驚いた彼女があなたの腕をギュッと握ってくれる・・・そんな場面もあるかも!?また、ガンアクションだけでなく、カーチェイスやパズル的な謎解きもあるので、相手を飽きさせずに長く楽しめそうですよ。うまく彼女をハマらせることができれば、くりかえし遊びに来てくれるように…なんてこもと。 クリスマスに『バイオハザード6』…これはなかなか侮れませんよ! 皆さんの投稿を募集中!

右下の投稿ボタンから投稿してください。

取材協力・関連リンク

ブレイクフォト