デパ地下やホテルの味を自宅で堪能

三越伊勢丹も参入!高級食材宅配

2012.12.17 MON


都内のマンションでは多目的ルームの充実しているところも多く、そこを利用してパーティーをしたいという依頼が増えているという
画像提供/まこと寿し
買い物や料理の時間がない時、重宝するのがデリバリーサービス。ネットスーパーからいわゆる“店屋物”まで日常的に利用している人も少なくないだろう。そんなデリバリーサービスで近頃人気なのが「高級デリバリー」だ。

たとえば、今年10月にスタートした高級デリバリーサービスはデパ地下グルメ。「三越伊勢丹エムアイDeli」では、三越と伊勢丹のデパ地下で取り扱う人気店の料理や高級食材を最短で注文翌日に届けてくれる。会員制のため月額利用料が315円かかるものの、ホテルのハンバーグや行列必至の人気スイーツを気軽にお取り寄せできる。注文する際の最低価格も特に設定されていないため、ホームパーティーはもちろん普段の食卓でちょっとした贅沢を楽しみたいときでも利用できそうだ。

さらに華やかな場を演出するための高級デリバリーとして、料理人ごと個人宅へ派遣するサービスも人気だ。東京すしアカデミーによる「まこと寿し」では、自宅にすし職人が新鮮なネタの入ったケースを持参し、その場ですしを握ってくれるサービスを提供している。注文金額は5万2500円分から利用でき、出張費は不要。10人も集めれば1人あたり5000円ほどで非日常的な空間を堪能できる。実際に「マンションで合コンを開きたい」などR25世代からの注文もとても多いんだとか。

すし職人の“出前”はデリバリーというより出張サービスに近いが、こうした多様なサービスが受け入れられている背景には消費者の意識変化も大きいという。「食品への安全志向の高まりから、近所では手に入りにくいこだわりの商品を取り寄せたいというニーズが増えていますね。」(三越伊勢丹通信販売・棚橋さん)

自宅で密かな贅沢を楽しむもよし、ホームパーティーも楽しむもよし。この冬、ちょっとリッチなお取り寄せグルメを自宅で味わってみては?
(有栖川匠)

※この記事は2011年12月に取材・掲載した記事です


関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト