ネット界の“旬”なニュースをお届け!

紅白 ネットでは美輪明宏が高評価

2013.01.08 TUE

噂のネット事件簿

昨年大みそかに放送された『第63回NHK紅白歌合戦』は平均視聴率42.5%を記録し(関東地区、ビデオリサーチ調べ)、2012年の視聴率ランキング1位となった。今回は、ももいろクローバーZ、きゃりーぱみゅぱみゅ、美輪明宏、ゴールデンボンバーなどの初登場組に注目が集まったほか、K-POP勢が出演しないなど、何かと話題の多かった紅白だが、ネット上での評価はどうだったのだろうか。

MSN産経ニュースに掲載された「NHK紅白に視聴者賛辞『内容も音楽的なレベルも最高』」という記事では、NHKのエンターテインメント番組部の古谷太郎部長が、「視聴者の皆さんから『今年は内容も音楽的なレベルも最高だった』など多くの意見が寄せられた」とコメントしている。この記事に関する2ちゃんねるのスレッドでは、以下のような感想が寄せられた。

「ヨイトマケ最高だった
MISIAは風が強くてかわいそうだったけど絶景だった」
「きゃりーももクロに期待してたけどあんまり面白くなかった。
一番よかったのは美輪明宏だったw」
「かなり久しぶりだったけど美輪さんとももクロが良かった」
「紅白じゃなくて美輪明宏歌謡ショーだった」
「ももクロとかSKEみたいな賑やかしががんばっててよかったな」
「ヨイトマケがすべて持っていったわ」

美輪明宏やももいろクローバーZのパフォーマンスの評価が高く、特に美輪明宏の「ヨイトマケの唄」は強いインパクトを残していた。

また、NAVERまとめでは「【2012年紅白】美輪明宏の男装『ヨイトマケの唄』感動のステージまとめ」として、紅白での美輪明宏に対する反応が紹介されている。主にツイッターに投稿されたもので、「圧感。美輪明宏さん」「美輪明宏に鳥肌がたった。凄い、凄すぎる…」「美輪明宏、すごいもん観た」など、やはりその凄まじいパフォーマンスに圧倒されるネット住民が多かったようだ。

美輪明宏を筆頭に、ももクロやきゃりーぱみゅぱみゅも含めて初登場組が話題をさらった昨年の紅白歌合戦。日本の大みそかを存分に楽しませたことは間違いなさそうだ。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト