気になる“あのコ”のシゴトーク/106

櫻井りか「なんで水着なんて…」

2013.01.17 THU


撮影:堀清英
櫻井りかさんは、“オカルトGカップ”を標榜するグラビアアイドルだ。その名の通りオカルトが好きでGカップのバストを持つグラビアアイドルなのだが、“そうなる”に至った経緯がとても面白いのだ。

「高校卒業後、お笑い芸人になりたくて吉本のNSCに入学したんです。でも、夜中に思い立ってネタ作りを持ちかけるなど、熱意がすごすぎて相方が引いちゃって…オーストラリアに逃げるように旅に出られてしまったんです。どうしようか迷っていたら、『胸があるからグラビアアイドルを目指せ』といわれて」

グラビアアイドルに転向するも、「なぜ芸人を目指しているのに水着にならなきゃいけないのか」という疑問に、当然ぶち当たる。

「そんなとき、お笑いとアイドル活動が半々でできるという触れ込みのYGA(よしもとグラビアエージェンシー)に入ることができたんです。でもそこでやっていたのは“AKB路線”のステージアイドル。初めはその活動にあまり興味を持てなかったんですが、徐々にステージでの楽しみを覚えてきたんです。でもそうこうしているうちにグラビアの“アート的”な側面に気づいて、そっちを追求したくなったんです」

もともと美術好きで、美大の推薦まで獲得していたりかちゃん。グラビアに美的好奇心を刺激されたというのだ。そして2012年、ミス東スポ2012というグラビアのグランプリを受賞。いろんな意味で忘れられない1年になったという。

「がんばろうと思っていた矢先、1月30日にYGAを卒業することになったんです。2月に胃炎になって泣き、4月に仕事が一切なくなり引っ越し。でもそこが思いのほかいい場所で、5月に友だちが増え、6月になぜか激太り。7月にYGAの卒業ライブをして、8月に今の事務所のお世話になることになって、9月にようやく痩せられました」

かくして、オカルトGカップのグラビアアイドルとして、イチからスタートを切ることになった。

「オカルトの部分を説明するなら、私は2次元が好きなオタクではあるんですが、“ルーツ”がオカルトマンガなんです。そこから枝葉が伸びて、今ではいろんなサブカルが好きなんですが、一番好きなのがオカルトなのでそういうキャッチフレーズになりました」

二転三転のアイドル人生を、芸人のごとく笑いに変換して語るりかちゃん。実に“いいキャラ”だ。そんなりかちゃんの好きな男性のタイプは、“それゆえ”にかなりハードルが高そうだ。

「(私より)面白くて、ユーモアがある人がいいですね!」
(吉州正行)

  • 櫻井りか

    1988年福岡県生まれ。2012年、ミス東スポのグランプリ獲得。二次元やオカルトのみならず、カレーも大好きなのだとか。「18歳のときにインドにカレー修業に行ったくらい好きです。もともとインドカレー専門だったのが、最近はいろいろ好きで、今は一周回って市販のジャワカレーとゴールデンカレーを半分ずつ使って、隠し味にコーヒーを加えたものが一番おいしいと思います」とりかちゃん。気になる人はお試しあれ
  • 2013年の活動

    「今年は心機一転、ゼロからのスタートだと思ってがんばりたいですね」とりかちゃん。春にはDVDの発売も予定されているのだとか。また、キュートなクリスマスソング「櫻井りかのMerry Christmas」は、レコチョクやiTunesなどで絶賛配信中!

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト