ネット界の“旬”なニュースをお届け!

話題の「ハーレムシェイク」って?

2013.02.18 MON

噂のネット事件簿


格好や場所は、実に様々。“発想の勝負”になりつつある? ※この画像はサイトのスクリーンショットです
今、YouTubeでは奇抜な格好で仲間たちと踊りまくる動画が、世界で大ブームになっている。ブルックリン出身のDJで音楽プロデューサーのBaauerの「ハーレムシェイク」に合わせ、自由に踊るというだけだが、これが学校や職場などで大人気のようだ。特にルールはないようだが、「開始15秒間は一人がゆったり踊る」「曲調が変わった後半15秒以降、それまで静かだった周囲がやおらノリノリになり、思い思いに踊る」というもの。

今年2月ころから一気に増えた投稿動画のなかには、数百万回を超えて再生されたものも多数あり、その流行ぶりは海外のニュース番組でも取り上げられている。

例えば、2月2日に投稿された動画「The Harlem Shake v2」は、再生回数が698万回。9日にアップされた動画「Harlem Shake v3 (office edition)」は968万回(いずれも15日11時時点)。YouTubeで「harlem shake」と検索し、今年に入ってからアップされたものをフィルタリングしてみると、およそ2万9500 件もヒットした。

「Harlem Shake - Public Prank」「Harlem Shake [Liquor Store Edition]」「Harlem Shake - Pool Edition」など、酒屋や公園、プールの中で撮影したり、格好もビキニだったり軍隊の制服を着たりと実に様々。「Harlem Shake (Naked Blizzard Edition)」など、吹雪のなかほぼ裸で踊り狂うものもあり、「そんなにしてまで、なぜわざわざ」とツッコミたくなるほど。

「ハーレムシェイク」は、見ている方も楽しくなってしまうアゲアゲっぷりだ。30秒という時間も長すぎない。学校や職場でやってみると、いつもと違う友だちや同僚の一面が見られたり、コミュニケーションの一環となるかも!?

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト