東南アジアNo.1親日都市は建造ラッシュ中!

バンコク「高層バー」がスゴい

2013.03.01 FRI


スリーシックスティー チャオプラヤー川沿いにそびえるミレニアム・ヒルトン・バンコクの最上階32階にあるジャズバー(演奏は21:30ごろ~)。その名の通り、バンコク市街の夜景を360度展望できる眺望が最大の魅力で、屋外にも出ることが可能。
【Three Sixty】住:Millennium Hilton,123 Charoennakorn Rd,/料:ビール300TBH~、カクテル類360TBH~/時:17:00~翌1:00/電:+66(0)2442-2435/アクセス:サパンタクシン駅前の船着場か、リバーシティから専用シャトルボート(15~20分間隔)

東南アジアイチの“親日都市”
バンコクの魅力

東南アジア屈指の都市バンコク。もともと親日国としても名高いタイだが、バンコクは東南アジアで最も邦人の多い都市で、在留邦人の数は約4万人にものぼる。経済的にも結びつきは強く、タイにとって日本は最大の貿易額と投資額、援助額を持つ国であり、トヨタや日産、いすゞなどの自動車企業を中心にカシオやダスキンなどの日系企業が多数進出している。そんなバンコクの魅力を今回はご紹介する。

●「タイ王国」のいま
ホテルや大型モールの建造ラッシュ!
1年を通じ温暖な気候のタイ。洪水の被害も記憶に新しいが、完全に復興しつつあり、とくにバンコク市内は高級ホテルや大型ショッピングモールの建造ラッシュ中。今年も複数のホテルが開業予定だ。

通貨/タイ・バーツ(TBH)。為替レートは1 TBH= 2.9円前後(1月時点)
時差/マイナス2時間
直行便のフライト時間/成田、羽田、関空、中部などから現地スワンナプーム空港まで約6時間
言語/母国語はタイ語。バンコク市内では英語も比較的通じる
注意点/毎朝8時と夕方6時にBTS(バンコク・スカイトレイン)の駅構内やテレビ・ラジオで国歌が流れる際は、立ち止まり、基本的には直立して国歌を聞くこと

近代的なビルが立ち並ぶ一方、寺院などの伝統や文化を重んじた建物が各所に混在。国民の王室への尊敬の念が高く、王室の肖像画が各地に見られるのも特徴。

  • タイ料理

    日本でも人気のタイ料理。一般的に「辛い」「スパイシー」などの印象が強いが、地方や家庭によって味付けは多岐にわたる。トムヤムクンなどのメジャーなタイ料理以外もぜひ楽しんでほしい。
    【Thai Food】住:左の写真は在留邦人に人気の「Krua Nai Baan」のカニのカレーソース炒め/住:94 Soi Langsuan, Ploenchit Rd,/時:11:00~23:00/電:+66(0)2253-1888/アクセス:市街中心部からタクシーで20分ほど
  • アジアンティーク・ザ・リバーフロント

    昨年オープンしたばかりのナイトバザールスポット。観光客向けのアジア雑貨やお土産店、バンコクで人気のファッションや雑貨などの小売店1500店に加え、約40店のレストランがそろう。
    【Asiatique The Riverfront】住:2194 Charoenkrung Rd., Wat Prayakai, Bangkoleam, Bangkok, 10120/料:入場無料/時:17:00~24:00/電:+66(0)2108-4488/アクセス:BTSサパンタクシン駅2番出口から船着場へ行き無料シャトルボートで5分、BTSサパンタクシン駅からタクシーで10分
  • コンラッド・バンコク

    モダンな雰囲気の高級ホテル。ビジネス街に位置するため交通の利便性が高いのが魅力。フロントやレストランには365日、日本人スタッフが常駐しているうえ、本格的な日本食レストランもある。
    【CONRAD BANGKOK】住:All Seasons Place,87 Wireless Road Phatumwan,Bangkok 10330/料:ダブル1泊1室6700TBH~/電:+66(0)2690-9999/アクセス:BTSプルンチット駅より無料シャトルバスが運行
  • ワット・ポー

    バンコク最古の歴史を持つ寺院。礼拝堂には全長46 m、高さ15mの金箔で覆われた涅槃仏が安置されている。タイ古式マッサージの総本山としても有名。
    【Wat Pho】住:329/25-28 Maharaj Rd., Prabarommaharajchawang Pranakorn Bangkok 10210/料:50TBH/時:8:00~17:00/電:+66(0)2226-0369/アクセス:BTS、地下鉄の最寄り駅は無し。タクシーで市内中心部から約20分
  • ラーチャダムヌン・ムエタイ・スタジアム

    ムエタイの2大聖地のひとつで1945年創立の王室系スタジアム。場内は、1階リングサイド、2階、3階に分かれている。エアコンが効いているので年中快適。
    【Rachadamnoen MueThai Stadium】住:1 Ratchadamnoen Nok Ave./料:3階席1000TBH~/時:月、水、木18:30~/日17:00~と20:00~/電:+66(0)2281-4205/アクセス:MRTファランポーン駅からトゥクトゥクもしくはタクシーで10分ほど
  • ヒルトンオナーズ

    チャオプラヤー川沿いに位置する「ミレニアム・ヒルトン・バンコク」、市街地中心部にある「コンラッド・バンコク」などは日本人ユースも多く、観光にとても便利。ヒルトン ・ワールドワイドのメンバーシッププログラム「ヒルトン・オナーズ」に入会すれば、ポイントも貯まるうえ、様々な特典が。現在、2倍のポイントやマイルがたまるキャンペーンが展開中だ。

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト