ネット界の“旬”なニュースをお届け!

ギャグ版ガラスの仮面にファン複雑

2013.03.01 FRI

噂のネット事件簿


ギャグアニメ『ガラスの仮面ですが』。北島マヤが、なぜかつぎはぎの特攻服を着ている ※この画像はサイトのスクリーンショットです
1975年の連載開始から、数回の休載を挟みつつ、30年以上にわたり人気を博している漫画『ガラスの仮面』が、『ガラスの仮面ですが』というタイトルで、BS12ch「TewellV」でギャグアニメ化されることが発表された。4月7日より、毎週日曜日21時54分から22時に放送される。

演劇の世界を舞台に、シリアスな世界が描かれる『ガラスの仮面』だが、今回のギャグアニメ化を担当するのは、シュールなノリが人気の『秘密結社 鷹の爪』などで知られるアニメスタジオDLE。『ガラスの仮面ですが』公式サイトには、原作者・美内すずえのコメントが掲載されているが、

「たぶん脳が疲労していたせいだと思います。『OK』したのは…。締切直前の、睡眠不足で思考能力真っ逆さまに低下中の私に、今回のアニメ企画の話があり、その後またしても締切の最中に内容を聞かされ…正気に戻った時は、すでにアニメは製作中。気がつけば、マヤが、亜弓が、月影千草がエライことになってる~!!と叫んでしまいました。これは間違いなく『おそろしいアニメ…!』です」

とのことで、原作者も楽しんでいるようだ。

とはいうものの、『ガラスの仮面』のファンたちは今回のギャグアニメ化についてどう思っているのだろうか。2ちゃんねる少女漫画板の「美内すずえ◆ガラスの仮面◆166巻目」というスレッドを見ると、

「鷹の爪ファンでもあるから複雑だわ」
「(前略)この手の企画は徹底無視だから!」
「こんなことするくらいなら代役立ててさっさと完結させろ」
「既に完結してる作品ならこんな風に派生作品で茶化されてもいいんだけど
まともに終わる前にこんなことされるの嫌だな(後略)」

などと、必ずしも歓迎されていない模様。現在、『ガラスの仮面』が休載中であるということもあって、まずは連載再開を願うファンが多いようだ。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト