「YouTube」、「ニコ動」以外にも登場!

投稿型動画サイトのトレンド紹介

2013.03.08 FRI


駅の構内で行われたフラッシュモブ。急ぎ足で歩いていた人も思わず足を止めてダンスに見とれている ※この画像はサイトのスクリーンショットです
「YouTube」や「ニコニコ動画」といった“投稿型動画サイト”。暇な時間や電車の移動中などに見ている人も多いのでは? ただ、上記のサイト以外にも様々な投稿型動画サイトがあるらしい!

「確かに、フランス発の『Dailymotion』や、アメリカ発の『Breake.com』『Jokeroo』『TOUT』、イスラエル発の『Metacafe』など、世界各国で投稿型動画サイトが増えていますね」

とは、インターネットやガジェットに詳しいネット映像収集家のDJ急行さん。それぞれどんな特徴があるんですか?

「フランスの『Dailymotion』は、日本アニメのコスプレやアニソンイベントの映像など、フランスで根強い人気を誇る日本のサブカルに特化した動画が多いです。アメリカの『Breake.com』『Jokeroo』は、極寒の雪の中で、裸でトランプをするなど“アメリカらしい”おバカな挑戦系動画が多数。また、イスラエルの『Metacafe』は、国民の政治への意識が高いせいか、政治に関するニュース映像の投稿が目立ちますね」

また、システム面で新しく注目されているのが、2010年に登場した「TOUT」。投稿動画に対してコメントも動画で返す手法を採用しており、パソコンやスマホのインカメラを使って撮影した動画をサイト上でそのままアップできるそう。

こうした投稿型動画サイト増加の背景にあるのが、スマホの普及と通信環境の進化。動画を見る側も投稿する側も場所を選ばず気軽に投稿型動画サイトを楽しめるようになったことで、サイトの需要が高まったという。

「サイトにCMをアップすることにより収益を得る広告系企業が増えたことも影響していますね。もちろんサイト側もそうした収益基盤が期待できるからこそ新たに立ち上げられるわけです」

動画が始まる前に流れるアレか! 確かに、最近よく出てきますね。ちなみに、投稿される動画はどんなものが人気なんでしょうか?

「最近流行っているのは、『ハーレムシェイク』という、音楽に合わせて踊るもの。音楽がかかると、一人だけが踊り始めるのですが、他の人は踊っている人を“完全無視状態”。しかし、数十秒経ち場面が切り替わると、“全員がノリノリで踊り狂っている”という投稿動画です。違うジャンルだと、街中や駅構内などで通行人や見物客だと思っていた人が次々とダンスを踊り始めたり、楽器を演奏し始めたりするストリートパフォーマンスを撮影した『フラッシュモブ』も注目されています。パフォーマンス後はなにもなかったかのように立ち去っていくというのが、またいいんですよ」

今やプロ顔負けの作品も多い投稿動画の数々。映像なら「言葉」がわからずとも楽しめるのもポイントだ。世界各国の投稿型動画サイト、一度チェックしてみては?
(山本絵理/short cut)

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト