ネット界の“旬”なニュースをお届け!

ミスU日本代表の経歴に注目集まる

2013.03.08 FRI

噂のネット事件簿


松尾がFacebookで公開している自作のイラスト。松尾は、生まれてから25年間恋人がいないことも公表している ※この画像はサイトのスクリーンショットです
3月4日、「2013ミス・ユニバース」日本代表の最終選考会が行われ、三重代表のモデル・松尾幸実(25歳)が日本代表に輝いた。この松尾の経歴に、多くのネットユーザーが注目している。

選考終了後、大会に応募したきっかけについて、「日本の漫画を世界へ伝えたいと思ったから」とコメントした松尾。松尾は、8年間のモデル稼業のかたわら、趣味の一環として漫画を描き続けてきたという筋金入りの漫画好きなのである。地方紙での作品掲載の実績やウェブ連載が決まりかけたこともあるという経験を持ち、モデル兼漫画家といっても過言ではないだろう。

モデル業自体も、漫画作りのための「ネタ探し」だと公言している松尾。そんな松尾に、ネットユーザーは興味津々だ。ツイッターには、

「ホント異色だなぁ、どんな絵描くんだろ?」
「漫画家でミス・ユニバースって宇宙最強スペックじゃね」(原文ママ)
「いかにもサブカル大国JAPANの美の大使って感じで面白いね!」

など、その経歴・プロフィールに感心する声が多く書き込まれている。

また、松尾は自身のFacebookページ「松尾幸実 2013 Miss Universe Mie」において自作のイラストを数点公開しているが、ツイッター上ではこの作品を見た人たちからも、

「松尾幸実さんの絵見たけどめっちゃうまい…なんだ…神は不平等にニ物与えすぎじゃない?」
「どんな漫画…と思ったらガチのオタ絵だったし上手!」
「漫画とイラストは違うよね。ストーリー創造力は、この人、あるのかな。マンガが見たいな」
(すべて原文ママ)

と、称賛や彼女の漫画を読んでみたいという期待の声が投稿された。

モデルでありながら、漫画家。漫画家でありながら、ミス・ユニバース日本代表。まさに、漫画の主人公のような人生を歩んでいる松尾。ミス・ユニバース本大会に向けて、今後も大いに注目を浴びそうだ。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト