ボクらのエンタメ力改善計画

第3回 持ち歌わずか12曲…男のカラオケ事情

2013.03.22 FRI

ボクらのエンタメ力改善計画


女性が一緒にカラオケに行きたいのは、いつも同じ曲を歌うマンネリ男より、最新の曲から懐メロまで幅広く歌える男! レパートリーが多いほどにモテる…かも!? イラスト/室木おすし

必見! 女子が思う「一緒にカラオケに行きたくない男」とは?



飲み会や合コンにカラオケはつきもの。では実際、みんなはカラオケをどれくらい楽しんでいるのかを、R25世代の男女に聞いてみました(全国の25~34歳の男女会社員・各100人へのネットアンケート結果。2013年2月実施)。

まず、61%の男子が「カラオケが好き」であることが判明(女子は73%)。やはり多くがカラオケには前のめりの様子。でも一方で、1カ月にカラオケに行く回数は、男子が平均0.5回(女子はちょっと多くて0.6回)と、かなり少ない結果が…。つまり「カラオケは好きなのに、あまり行く機会がない」というのが現状のようです。そのためかレパートリー(持ち歌)の数は男女とも平均12曲と少なめ。これではせっかくカラオケに行く機会があっても、歌うのはいつも同じ歌…なんてことに。それはちょっと寂しい気も。

さらに、女性たちの意見にも注目! 「一緒にカラオケに行って楽しくない人は?」(複数回答)と聞いてみたところ、上位3つには「歌が下手な人」(34%)、「カラオケ慣れしていない人」(30%)、「自分(女性)が歌う歌をほとんど知らない人」(26%)が挙がった。つまり、カラオケで女性の好感をつかむためには、歌うことに慣れつつ、知っている曲を増やすことが必要。レパートリーをもっと増やすためにも、やはり練習あるのみ! なわけです。

とはいえ、忙しい上に気恥ずかしさもあり、カラオケを練習する機会はなかなか作れないもの(ですよね?)。実際、約4割(37%)の男子が「練習はしたいが、する機会・手段がない」とお悩み中。…では、そんな悩める男子たちのカラオケ力をアップするいい方法はないのでしょうか?
「UULA」なら、映画やミュージックビデオをはじめ、カラオケ映像も満載。自宅でガッツリ歌って練習するもよし、空き時間に歌詞をチェックするもよし。スキマ時間をムダにすることなく楽しめるのがうれしいポイントだ。
ということで調べてみたところ、練習不足に悩む男子にぴったりの方法がありました! それが、スマホで楽しめる新しい総合エンタメアプリ「UULA(ウーラ)」です。UULAはスマホでカラオケ映像が視聴できる、練習には持ってこいのアプリ。そしてカラオケだけでなく、ミュージックビデオやライブ映像など幅広いジャンルの音楽コンテンツが充実しており、さらには映画やドラマ、アニメを含め、なんと約6万ものコンテンツが月額490円で全部見放題なんです。

例えば、外出時やお風呂タイムなどのちょっとしたスキマ時間などに「UULA」を立ち上げれば、いつでもどこでもカラオケ映像が楽しめます。ヒット曲や定番曲、好きなアーティストの曲を存分に歌ったり、歌詞をチェックしちゃいましょう。さらに、お気に入りコンテンツをプレイリストに入れておけば、すぐにアクセス可能。これで、おサイフにも負担をかけず、手軽に、たっぷりとカラオケの練習ができるわけです。さあ男たちよ、カラオケ力をアップしよう! 「カラオケは好き。でも、レパートリーも少なく練習もできない…」。そんな悩める男子たちが多いことが判明。
場所や時間を選ばず、スキマ時間でカラオケ練習ができる便利ツールを活用するのが“達人”への近道だ。

皆さんの投稿を募集中!

右下の投稿ボタンから投稿してください。

取材協力・関連リンク

ブレイクフォト