ネット界の“旬”なニュースをお届け!

『あまちゃん』ネットでの評判は?

2013.04.04 THU

噂のネット事件簿


コピーは「オラ、この海が好きだ!」。ヒロインが、ヒロインの一人称が「オラ」なドラマも珍しい? ※この画像はサイトのスクリーンショットです
4月1日から放送を開始したNHK連続テレビ小説『あまちゃん』。舞台が岩手県北三陸、脚本を宮藤官九郎が担当することに加え、初回視聴率が20.1%と7年ぶりに20%を超えたこともニュースになった。

ネット上で、今回のドラマはどんなふうに受け止められているのか。まず、2ちゃんねるの実況板「NHK連続テレビ小説『あまちゃん』Part2」を見てみると…。

「面白いんじゃないかな、これ」
「まぁとりあえず見てみようかって気にはなるな」

などとおおむね高評価のよう。前クールの『純と愛』が、人の本性が見える能力のある登場人物がいるという変わった設定など、朝ドラの常識を覆すような“変化球”ドラマだったため、「やっとまともな朝ドラにもどったわ(涙)」と新ドラマを見て安心感を得ている人もいるようだ。

三陸地方の方言がそのまま使われているため、字幕が入るところや、新ヒロイン・能年玲奈のかわいさに注目する人も。また、ツイッターでは、ヒロインの母親役・小泉今日子について「かっこいいなあ、小泉さん」という人がいた。

脚本の評価も高く、前出・2ちゃんねるのスレッドでは「テンポいいしクドカンワールド入ってて面白かったよ」、ツイッターでも「さすがクドカン。開始5分にして既に3回笑いポイントが(;・∀・)」など、賛辞を送る声が見られた。

ただ舞台が津波で甚大な被害を受けた被災地のため、「あの綺麗な海岸が津波にのまれるかと思うともの悲しいが」「これ震災前の話なのか。海で漁をしてるときに津波被害に遭うって展開もあるんだろうなあ…」(前出・2ちゃんねるのスレッド)など、ドラマが進んで、東日本大震災をどう描くかを心配する人もいる。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト