ネット界の“旬”なニュースをお届け!

「ボカロ歌謡祭」テレビ放送に賛否

2013.04.05 FRI

噂のネット事件簿


フジテレビ深夜に放送される『ボーカロイド歌謡祭』。MCを務めるのは、ニッポン放送の吉田尚記アナとフジテレビの“デジタルアナウンサー”の杏梨ルネ ※この画像はサイトのスクリーンショットです
初音ミクを代表とする「ボーカロイド」に特化した音楽番組『ボカロ歌謡祭2013(春)~初音ミクから生まれた新たな音楽の世界~』が、4月6日26時10分からフジテレビで放送される。ボーカロイドカルチャーを紹介するほか、ボーカロイドのオリジナルライブも放送される予定だという。

ニコニコ動画などの動画サイトを中心に広がったボーカロイドカルチャー。地上波としては初となるボーカロイド番組の制作にあたって、ニコニコ動画を運営するニワンゴとその親会社であるドワンゴも協力しているとのこと。

ネット発のカルチャーがテレビの世界に進出したということになるわけだが、ネット住民たちは、どうとらえているのか。2ちゃんねるの「【音楽】地上波に初音ミク!『ボーカロイド歌謡祭2013(春)』 フジテレビで6日深夜放送」というスレッドでは、

「ネットで見れたほうが客は喜ぶんじゃね?」(原文ママ)
「地上波でやる意味がわかんない。こんなものネットだけで十分だろw」
「テレビでやることじゃないな」

と、微妙な反応。わざわざテレビで見るべきものではないと考えるネット住民も少なくないようだ。また、同番組に関する別のスレッド「フジテレビに初音ミクが進出」では、

「ただでさえ天使のミクさんがお茶の間の顔になる日も近いな…ゴクリ」
「いやいや、これは凄いことだよ
丸々一時間の枠をポンっと与えられるなんて並大抵のアイドルや芸人じゃ無理でしょ」

などと、初音ミク人気の広がりを歓迎する意見もあった。

賛否両論あるが、ネット発のカルチャーが地上波テレビに進出することに対する注目度は高そうだ。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト