ネット界の“旬”なニュースをお届け!

庶民派しんちゃん 隠れた「名言」

2013.04.10 WED

噂のネット事件簿


試写を観た人からは「ホロリとさせられた」の声も ※この画像はサイトのスクリーンショットです
4月20日、クレヨンしんちゃん・アニメ劇場版シリーズの第21弾『映画クレヨンしんちゃん バカうまっ!B級グルメサバイバル!!』が封切られる。

同作品は「B級グルメ」のイベントに行く途中、日本のB級グルメを守る伝説のソースの運搬を任された“しんちゃん”こと、野原しんのすけの仲間たちと、B級グルメを敵視するA級グルメの攻防を描いたアクションコメディ。しんちゃんたちが、庶民の味方であるB級グルメの味を守ることができるかどうかというのが見どころで、映画の公式サイトや、しんちゃん公式フェイスブックでは、ユーザーの「ナイスBなひと工夫」をした料理が紹介されている。一部紹介すると、

カレー+プリン
コロッケ+チーズ+納豆
やきそば+ポップコーン
親子丼+サラミ

といった実に庶民的な食べ物同士を組み合わせたメニューが寄せられている。フェイスブックには、その他「しんちゃん語大辞典」として「ついムッチリ(うっかり)」、「見あきた顔」(見なれた顔)、「わーい出発おしんこー」など、しんちゃんのお決まりの“ボケ”たセリフが多数紹介されている。だが、しんちゃんは“迷言”ばかりではなく、実は「名言」が多いことでも知られている。

ネット上には「野原一家の名言」をまとめたページが多数あり、例えばYouTubeに2011年07月9日に投稿された動画は、2013年4月9日6時時点で16万回再生されるなど、息が長く人気だ。しんちゃんに登場する人たちのなかで人気があるセリフは

「ぼくのともだちは心がエリートです」(しんちゃんの幼稚園のお友達・風間くん)
「俺の人生はつまらなくなんかない!家族のいる幸せを、アンタたちにも分けてあげたいくらいだぜ」(野原ひろし)

などで、YouTube以外にもNAVERまとめやニコニコ動画、Twitterのbot、アプリにも名言集が作られるほどだ。

昨年、日本PTA全国協議会が行った調査結果によると、保護者が子供に“見せたくない”テレビ番組では2位にランクインしてしまったクレヨンしんちゃん。見せたくないかどうかはさておき、ネット上ではしんちゃんに登場する「名言」が語り継がれているのは事実のようだ。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト