ネット界の“旬”なニュースをお届け!

台湾のお天気お姉さんがカワイイ!

2013.05.16 THU

噂のネット事件簿


3月に行われた第3回WBCでの熱戦や、台湾ナインの試合後のお辞儀をきっかけにネット上で巻き起こった「日台友好」ムード。 彼女たちが注目されている理由も、このムードと関係がないわけではなさそうだ ※この画像はサイトのスクリーンショットです
2012年10月に日本デビューした台湾のお天気お姉さんアイドルグループ「ウェザーガールズ」が“かわいい”と話題になっている。

同グループは、台湾のインターネットテレビ放送局「壱電視」が2010年より配信している天気予報番組「Weather Girls」に“お天気お姉さん”として登場する女性アイドルで構成されたグループ。お腹を出したセクシーな衣装が特徴的で、日本では同番組出演者から選ばれた7人の“選抜メンバー”で活動している。

日本デビューから半年以上経った今、なぜ話題になっているかというと、彼女たちが「2014年1月に行われる日本の気象予報士の試験を受験する」ということがニュースサイト・MSN産経ニュースによって報じられたからだ。気象予報士試験は、同サイトの記事によれば合格率5%という難関の国家試験。合格までの道のりはかなり険しいといえるだろう。

そんなウェザーガールズの挑戦に対し、2ちゃんねる・ニュース速報板に立てられたスレッド「台湾のお天気お姉さんアイドルグループ、日本で頑張る決意 気象予報士を受験」では、「日本語が難しいだろうに」「言語の壁があるのに合格率5パーセントの試験とか無理だろう」(原文ママ)など、試験の際の日本語の読解を含め、厳しいのではないかとする声が書き込まれている。

しかし、それよりも多いのは、

「予想以上にかわいいと思ったわ」
「露出高くしなくても可愛いから売れるのに」
「スタイルいいなおい」
「ウエスト細いな
ちゃんと努力してるんだろうな」
「ウェルカム!ウェルカム!」
(すべて原文ママ)

など、スレッドにアップされた彼女たちの画像を見て、その美貌に驚くコメントだ。

2013年6月には日本での3枚目のシングルをリリースするなど、日本国内で精力的な活動に取り組むウェザーガールズ。今後、気象予報士試験へ真剣にチャレンジしていくなかで、注目度もより高まっていくかもしれない。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト