ネット界の“旬”なニュースをお届け!

興味津々! 江頭の生涯ベスト映画

2013.05.22 WED

噂のネット事件簿


江頭の映画評論本『江頭2:50のエィガ批評宣言』。同作では、作品批評だけでなく、江頭の映画論などにも触れることができる
ネット上で絶大な人気を誇るお笑い芸人・江頭2:50。そんな江頭が選ぶ「生涯ベスト映画トップ5」が“本のニュースサイト”ビーカイブによって報じられ、話題になっている。

世間ではあまり広く知られていないが、江頭は筋金入りの映画マニア。映画雑誌『映画秘宝』でレギュラーの連載を持っているほか、自身がパーソナリティを務めるインターネット配信番組『江頭2:50のピーピーピーするぞ!』では「エィガ一刀両断」という映画評論コーナーを持っており、これをきっかけに『江頭2:50のエィガ批評宣言』(扶桑社)という著作も上梓した。

そんな江頭の「生涯ベスト映画トップ5」は以下の通りだ。

1位『ゴッドファーザーPARTII』
2位『オールド・ボーイ』
3位『善き人のためのソナタ』
4位『少林サッカー』
5位『ゆきゆきて、神軍』

ビーカイブの記事タイトルは、「意外に真面目!? 江頭2:50の生涯ベスト映画トップ5!」となっているが、そのタイトルの通り、ハリウッド不朽の名作から韓国映画、ドキュメンタリー作品まで、かなり真面目に選ばれたランキングといえるだろう。

このランキングに対して、ネットでは賛否双方の声が見られた。ツイッターで比較的多く見られた“賛”の声は、

「ものすごいガチなセレクトですね 映画オタクなんだ…」
「ゆっくり見たい映画ばかりだ。えがちゃんの映画のセンスは好き」
「エガちゃんの映画評論眼はすばらしいからな。名作ぞろいと言えるだろうな」
「エガちゃんはホント映画大好きで、しかも映画解説するときの演技がすげえ上手い。話題作だろうとなんだろうと斬る時はスパっと斬るしね」
(すべて原文ママ)

など、そのセンスを称賛する内容が多数。

対して、2ちゃんねる・芸スポ速報+板のスレッド「【芸能】意外に真面目!? 江頭2:50の生涯ベスト映画トップ5!」で見られた“否”の声は、

「少林サッカーが入ってる時点でダメだな」
「あんまり参考になるランキングじゃなくて残念。
変人キャラはマイナー映画で5本固めなきゃ!」
「陰気な映画が好きなんだね」
「エガちゃんは好きだけど
この映画ランキングは同意出来ない」

など。江頭らしい型破りなランキングを期待した人たちや、自身も映画に造詣の深い人たちの中には、納得できないという面があったのかもしれない。

どちらの立場にせよ、全国ネットのテレビ番組ではまず見せることはない江頭の一面は、多くのネットユーザーにとって非常に興味深かったようだ。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト