思わず欲しくなるグッズ!

ラジオを自動録音するICレコーダ

2013.06.20 THU


ICレコーダーの本体サイズは112mm×50mm×16mmで、重さ106g(電池含む)。バッテリーは単4形乾電池2本、またはオリンパス製ニッケル水素充電池2本。付属バッテリーによる使用可能時間は、ラジオ録音 時で16時間、ファイル再生時で25時間
ネットの普及により、テレビや新聞、雑誌など旧来のメディアに触れることが減ったといわれる今日この頃。そんななかで、意外と根強く支持を集めているのがラジオといえるかもしれません。なにせ、ネットでも、読書でも、車の運転でも何かをしながら同時に触れられる唯一のメディアですものね。また、放送大学や語学講座など、実質無料の優良な学習ツールでもあります。

でも、聴きたい番組があったとしても、わざわざ番組の時間を空けて待っていられるほど、ビジネスマンは暇ではありません。

そこでおすすめしたいのが、好きな番組をタイマー録音して、いつでもどこでも聴くことができるICレコーダーです。オリンパスの「ラジオサーバーポケット PJ-25」はラジオチューナー内蔵のICレコーダー。ビデオの録画予約と同様に、ラジオ番組を予約しておくことで自動的に番組をICレコーダーに録りだめておいてくれます。小型の本体だけでもタイマー録音は可能ですが、付属のアンテナステーション&スピーカーを使えば、より安定した音質で録音したり、大きなスピーカーで再生したりすることができます。

なかにはラジオの耳障りなノイズが苦手という方もいらっしゃるかもしれませんが、本体に高周波ノイズを低減するノイズフィルターを搭載しているので心配無用。本体には4GBの記憶領域に最大178時間の音声&番組を記録できるほか、microSDカードを挿入することで容量を増やすこともできます。

これで、学生時代、眠い目を擦りながら聴いていた深夜ラジオ番組も、これからはラジオサーバーに任せて眠ってしまえばOK。翌朝、通勤電車の中で楽しむという、ラジオのタイムシフトリスニングが可能となるのです。移動時間を語学学習にあてることもできるでしょう。こりゃ、時間がいくらあっても足りませんねえ。
(熊山准)

※この記事は2012年6月に取材・掲載した記事です

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト