韓国芸能界の“今”をウォッチ!

キ・ソンヨン選手との恋バナ暴露

2013.06.25 TUE


女優のハン・ヘジンが、SBS「ヒーリングキャンプ」で、デビューからキ・ソンヨンとの結婚までのストーリーを公開した。下の画像は、コミックダンスを披露するところ。|SBS「ヒーリングキャンプ~楽しいではないか~」放送キャプチャー
女優のハン・ヘジン(31)が、自分がレギュラーMCを務めているSBSトークバラエティ「ヒーリングキャンプ~楽しいではないか~」(以下、ヒーリングキャンプと表記)の2周年特集番組のゲストとして出演。成長過程から婚約者のキ・ソンヨン(24・スウォンジ・シティ)とのラブストーリーまで、素の自分を全て打ち明けた。

24日夜放送されたSBS「ヒーリングキャンプ」でハン・ヘジンは、同番組のおかげで得た“石直球MC(ゲストに聞きづらいことを、迷わず直球で聞いてしまう彼女の習性をみて、視聴者がつけてあげた)”というあだ名に相応しく、自分に関する質問に対して率直に告白した。

ハン・ヘジンは、番組のメインMCであるイ・ギョンギュ、キム・ジェドン、スペシャルMCのパク・ジユンの質問に、迷わず答えながら、クールな魅力を自慢した。
ハン・ヘジンは「ヒーリングキャンプ」の出演以降、ギャラが上がったようだというイ・ギョンギュのコメントに「この番組に出演してから、広告だけで10本くらい撮っています。儲かったから辞めるって私ってすごい女ですね」とセンスをみせた。

これに番組の製作陣は、MCとして彼女の活躍をまとめた映像を公開した。そこにはハン・ヘジン特有の“石直球”発言から、歌、ダンスまで、トップ女優とは思えない“イメージ崩壊の瞬間”が編集されていた。
その映像を観たイ・ギョンギュが「あのダンス、もう一度みせてくれない?」というリクエストに、「最後の最後まで私に利用するつもりですね?」という返事とともに、コミックダンスを披露。大きな笑いを誘った。

ヘジンは2年間息を合わせてきたイ・ギョンギュ、キム・ジェドンをはじめ、プライベートでも仲がいいパク・ジユンの質問に、全て答えた。
彼女に「これまで一番記憶に残っているゲストは誰ですか?」と聞くと「ロンドン(2012ロンドンオリンピック特集編)キャンプのゲストだったキ・ソンヨンです!」と大きな声で答えながら、当時偶然会ったキ・ソンヨンの父親については、「あの時は、まさか“お父様”になるとは予想もしませんでした」と笑顔をみせた。

その後彼女は、自分の父親の事業が厳しくなり、貧しかった生活と奨学金で大学の学費を充てたエピソードや、女優として成功する過程で詐欺に遭った事件などを打ち明けながら、“人間ハン・ヘジン”“女優ハン・ヘジン”の秘話を公開した。

そして何より、「ヒーリングキャンプ」のMCたちと視聴者たちが気になったのは、キ・ソンヨンとのラブストーリーだった。
イ・ギョンギュは、「ヘジンさんの義兄さんであるキム・ガンウ(俳優)さんが出演した時、ヘジンさんとキ・ソンヨンさんが怪しいと思いましたよ」と打ち明けると、ヘジンは「当時義兄さんが出演した時、ソンヨンさんの話を持ち出したら、どうしても表情が隠せなかったんです…」と本格的にラブストーリーについて切り出した。

彼女は、キ・ソンヨンとの恋愛話を始める前に、元彼だったナオル(歌手・Brown Eyed Soul)との別れについて告白した。ヘジンは「(ナオルとの別れと)ソンヨンさんとの交際時期と噛み合っているように見えるのが怖かったです。それに当時の映画プロモーションが、私の別れ話のせいでむしろご迷惑をかける可能性もあったので、後で離縁したことを知らせるしかありませんでした」と当時の心境を語った。
続いて、キム・ガンウが暴露したキ・ソンヨンの愛称“クソ犬(トンケ:똥개)”に関するエピソードを話しながら、彼に対する“無限な愛情”を自慢した。その時ちょうど映像でキ・ソンヨンが登場し、二人のビハインドラブストーリーはさらに興味津々となってきた。
ヘジンは「父の葬式が終わって、私のことを心配してくれたソンヨンさんに交感を持つようになったんです。イギリスと韓国間の距離なので、お互いセルカ(自撮り)写メをやりとりしながら、恋を育ちましたね」と隠していた恋愛秘話を全て打ち明けた。

この日の「ヒーリングキャンプ」は、ハン・ヘジンのエピソードが相当多かったため、来週の月曜日(7月1日)に分けて放送することになった。
ちなみに来週には、番組の後半部に恋人のキ・ソンヨンがサプライズで登場する予定だ。
そして、この二人の結婚式がこの放送日の翌日(7月2日)であるため、その期待はますます高まる模様だ。


記事・画像提供/『スポーツソウルJAPAN』

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト