すき家スキすぎ物語

第1回 揺るがぬ品質が「好き!」

2013.09.04 WED

すき家スキすぎ物語

食への安全・安心に、隙はなし!



「お好み焼きとご飯って、合うの?」と、そんな疑問を抱いている人も多いのでは? それなら「すき家」の「お好み牛玉丼」で、その真相を確かめてみてはいかがでしょう! 「すき家」は、こうした大胆メニューをはじめとした、豊富なメニューの数々を堪能できるのが大きな魅力の一つ。忙しい朝でも、スピーディに食べられる朝食メニューだけでなんと10種類以上で、他にも、デミバーグや牛皿などの「定食」メニュー、定番の牛丼やカレー、とりそぼろ丼や炭火やきとり丼など、実に多彩! サイドメニューを入れれば、その組み合わせは星の数ほど!

メニューの豊富さに、「今度はあのメニューに挑戦したい!」と、思わず何度もリピートしてしまいたくなりますが、それを実現できる理由の1つは、なんといってもその安さ。「牛丼(並盛)」は280円、「とりそぼろ丼(並)」は280円、「まぐろたたき丼(並盛)」は480円と、すべての定番メニューがワンコイン以下!

でも、これだけのメニューがこの値段で食べられるなんて…食材はいったいどんなものを使っているの? なんて疑問に思ったことはありませんか? でも、ご安心を! 味や値段に目が行きがちな「すき家」ですが、実は、そんな「すき家」が強くこだわり続けているのは、安全・安心の徹底! かつて世間を騒がせたBSE問題の最中には、牛肉をオーストラリア産に変更し、それに合わせてタレも変更。牛丼をそれまで通り美味しく安全に提供し続けた実績があるんです! そうした安全・安心への取り組みは、現在も、実に様々な側面から行われています。
BSE問題で「食べられなくなる!?」と噂されていた中でも、「すき家」では変わらずに楽しむことができた牛丼。現在でも、徹底管理された安全・安心の食事を、いつでも楽しむことができます。
たとえば「すき家」では、OIE(国際獣疫事務局)や食品安全委員会など、各国での安全評価の把握を続けると同時に、大学とのBSEの共同研究を行い、BSEを含む家畜伝染病について常に情報交換を続けるなど、最新の情報収集に余念がありません。使用している牛肉はオーストラリア、メキシコ、アメリカから輸入していますが、各国で定められている安全や品質保証よりも、厳しいゼンショーの基準をクリアしているかどうか、常にチェック。アメリカ産牛肉は、出生の時期や場所が明確で、BSE感染の原因となる飼料が一切与えられていない牛の肉をゼンショーSFCと認定。社員が現地に赴き安全性を定期的に確認しているんです!

これだけ厳しい安全管理を行い、選りすぐりの牛肉だけを使用していれば、コストはかなりかかりそう…。しかし、「すき家」は、低価格の維持を実現するために、様々な種類のレストランを展開するゼンショーグループ全体で牛肉を購入し、各レストランで必要な部位をグループ内で分けて利用する方法で購入価格を抑え、現在の魅力的なプライスを実現しているというワケ! 徹底した食材の品質管理を行いつつ、それを低価格でボクらに提供してくれる「すき家」。当たり前に食べていたメニューにも、こんな裏側の努力があったことがわかると、ますますファンになってしまいそうですね!

取材協力・関連リンク

ブレイクフォト