OFFで役立つグッズ!

PC操作で狙撃できる電動ガン

2013.09.18 WED


本体サイズは縦32×横16×高さ18cmで、約650g。玉は直径6mmのBB弾を使用。操作は上下左右のカーソルキーで向きを調節し、スペースキーが引き金になっている
マウスやキーボード、プリンタにハードディスクドライブなどのUSB接続できる周辺機器は、ケーブルを挿すだけで使えてとても便利。最近では、つながるものがいろいろ増えてきて「え、こんなものまで!」と驚くこともしばしばです。

そんな中でも異色のUSBデバイスが『Webカメラ照準器付き USBスナイパー』、PC画面を見ながら狙いを付けて狙撃できる電動ガンなのです。

Windows用の専用ソフトが用意されており、PCにつないでソフトを立ち上げると、本体に搭載されたカメラの映像がPC画面に映し出され、さらに左右120度、上下35度の範囲で銃身の向きを遠隔コントロールすることが可能。長いUSBケーブルを用意すれば、隠れた場所から密かにターゲットを狙撃できます。

モニターに映し出される映像を見ながら狙いを付けていると、まるでモビルスーツのパイロットになったような気分になってきます。ただし、オモチャとはいえ、人や動物を撃つのはNG。装弾数は約10発ながら射程距離は約8mと、オモチャにしてはそこそこ強力です。

というわけで、そもそも実用性(?)はまったくありませんが、特定の男子の心をくすぐるこのアイテム、狙い撃たれてしまった男子は素直に買って楽しみましょう。
(青山祐輔)

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト