ネット界の“旬”なニュースをお届け!

RADWIMPS新曲の歌詞に衝撃

2013.09.19 THU

噂のネット事件簿


同曲は、歌詞だけでなく、CDの“グロい”ジャケットイラストでも衝撃を与えている ※この画像はサイトのスクリーンショットです
2005年にメジャーデビューし、2008年にはオリコン初登場1位を記録するなど、若者を中心に一定の人気を保ち続けているロックバンド・RADWIMPS。そんなRADWIMPSが10月16日に発売する新曲「五月の蠅」の歌詞がネット上で話題になっている。

9月16日0時から9月17日0時にかけ、24時間限定のストリーミング視聴キャンペーンが行われた同曲。これにより、多くのファンの耳に触れたことと思われるが、その激しい歌詞の内容はすぐに拡散された。

同曲の歌詞で繰り返し使われているフレーズは、「僕は君を許さない」という憎しみの言葉。そして、その「許さない」という思いは歌詞のなかで徹底されている。“君”が乱暴され、途方に暮れたとしても“僕”はその横をスキップしながら鼻歌を口ずさむ、通り魔に襲われ腸が飛び出ている“君”が助けを求めたとしても“僕”はヘッドフォンで音楽を聴きながらその腸で縄跳びをするといった描写など、とにかくショッキングな内容が続くのだ。

この内容に、ツイッターでは驚きの声が続出。歌手でタレントのきゃりーぱみゅぱみゅが「RADの新曲が衝撃的過ぎた…はらわたで縄跳び…」と投稿したほか、一般ユーザーからも、

「RADの新曲聞いたけどかなりエグい。曲調が明るいからなおのことエグい」
「RADどした!五月の蝿の歌詞ひどすぎるだろ。なにがあったんや!w」
「RADの新曲歌詞すごい、怖い、けどキライじゃない」
(すべて原文ママ)

といったツイートが相次いだ。そして、

「RAD新曲の何がヤバいってこの前まで『こんなに人を好きになっていいんですか?』『別れる理由3つあるなら別れない理由100探すから』『君と書いて恋と呼ぼう』『君を作り上げたパパとママに国民栄誉賞を送ろう』とか歌ってたのにいきなり『君を許さないよ君の直腸で縄跳び』とか言い出したところ」(原文ママ)

と、以前の歌詞とのギャップもふまえて驚きを表すツイートも人気になっている。

紹介したツイートにもある通り、曲調自体はRADWIMPSらしい軽快なロックナンバーである同曲。それだけに、ネットユーザーたちに与えた衝撃は大きかったようだ。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト