「ウチ充」女子に刺さるウチデート術とは?

女ゴコロは「ウチWi-Fi」でつかめ!

2013.09.20 FRI


今や「ウチ族」は6割以上。いかにウチ時間を充実させるか? …そのカギは自宅のインターネット環境にあり!
突然ですが、キミは「ウチ族」「ソト族」どっち? そんな質問を全国の男女に聞いてみたところ(※1)、なんと6割以上が「自分はウチ族」と回答(63.1%)。自分だけのプライベートな時間を大事にする傾向のあらわれなのか、家での過ごし方の充実=「ウチ充」を考える人は多いようだ。

「草食男子」の名付け親である、コラムニスト・編集者の深澤真紀さんによると「外で恋愛を楽しむバブル世代とは違って、今の若者はウチで恋愛や消費を楽しんでいます」とのこと。ん~、今や恋愛も家の中とは…これは気になる。ということで、今どきの20代の「ウチ充」事情をデータ(※2)とともに深掘り調査。そこには男子必見の「ウチ充女子」のココロをつかむヒントも!?

まずは「デートはウチ派? ソト派?」という質問に対し、およそ3人に1人(31%)が「ウチデート派」と回答。また、ウチデートのマストアイテムを尋ねてみると(複数回答)、「テレビ」(54.8%)、「インターネット」(45.2%)、「スマホ」(45.2%)、「パソコン」(38.7%)いう順に。さらになんと、3人に1人(33%)がウチデートの時に「スマホのメールや無料通話アプリで恋人と会話をする」という回答も(なんだかちょっと寂しい気も…)! ウチデートの浸透とともに、スマホやインターネットの存在感が大きくなっていることが分かる。

となると重要になってくるのが、自宅のネット環境の充実。でも、日常的にデジタル機器を使いこなす20代も「『最初に出会ったデジタル機器がケータイ』という世代なので、パソコンにはあまり詳しくなく、実はデジタルオンチなところがあります」(前出・深澤さん)という指摘も。さらに…

「ウチスマホを楽しむためには『ウチネット』の環境が重要なのですが、Wi-Fiと3GとLTEの違いなどをよく理解していない彼らは、データのダウンロードに時間がかかってしまうことや、高い通信料も仕方ないと思ってしまうことも…」とも。

確かに20代「ウチ族」の「ウチネット」環境を調べてみると(複数回答)、LTE(33%)や3G(36%)などの携帯電話回線を使っている人が多く、「ウチWi-Fi(光回線などの固定回線+Wi-Fi)」利用者は32%にとどまるという結果に。一方で、自宅でスマホを使う際に「ネットが途切れた」「サイトの接続スピードが遅い」「ダウンロードが遅い」(各57.1%)、「動画サイトをスムーズに見られない」(51.4%)など、ネットの安定性や速度への不満を抱えている人も多数。これではウチデートで彼女を満足させることなんてできない…かも。

さらに、スマホやタブレットなど2台以上のデバイスを使っているにもかかわらず、1台ずつデータ通信の契約をしている…という人も多い様子。それではさすがにサイフが長続きしないような…。

そんなウチネットのストレス、不安定さ、ムダを解消し、「ウチ充」度をアップさせるには、やはり「ウチWi-Fi(光回線などの固定回線+Wi-Fi)」などで自宅のネット環境を充実させることが不可欠。ウチ充派の彼女とスマホをサクサク楽しんだり、タブレットで映画を観たりできれば、ウチデートが成功すること間違いなし!

さあ、キミの家のネット環境、今一度見直してみては?

※1 20代~50代男女3831人に実施(2013年9月・ネオマーケティング調べ)
※2 20代で「(自分は)ウチ族」と回答した男女100人に実施(同調べ)

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト