韓国芸能界の“今”をウォッチ!

「24時間裸でベッドシーン」撮影秘話

2013.09.26 THU


25日、ソウル・狎鷗亭洞(アックジョン・ドン)にあるCGV狎鷗亭で、映画「俳優は俳優だ」の制作報告会が行われた。写真は、同作の主演を務めるイジュン(MBLAQ)。|イ・ヨンフンインターン記者
歌手兼俳優のイジュン(25、MBLAQ)が、主演作映画「俳優は俳優だ」での“ホット”なエピソードを打ち明けた。

イジュンは25日、ソウル・江南区(カンナム・グ)狎鷗亭洞(アックジョン・ドン)にあるCGV狎鷗亭で開かれた映画「俳優は俳優だ」の制作報告会に出席。映画の撮影中に起きたさまざまなエピソードを紹介し、中で最も大変だったベッドシーンについて打ち明けた。

イジュンは、「24時間ずっとベッドシーンばかり撮った日もありました」と切り出しながら当時を回想した。彼は、「撮影中には裸でいましたけど、女性スタッフさんもいましたので、すごく恥ずかしかったです」と顔色を赤くした。続いて「アイドルとして初めて挑戦した破格的なベッドシーンだったと思います。一応隠すところは隠しましたけど、ぎりぎりまでかけたくらいでしたね」とコメント、会場を沸かせた。
また「終日ベッドシーン撮影で頭痛が酷かったんです。身体的にも精神的にも大変な撮影でした」と付け加えた。

イジュンと同席したシン・ヨンシク監督は、「アイドルがやるには相当厳しいシーンでした。エロチックな映画ではありませんが、すごく難しい演技だったと思います」とイジュンの熱演を絶賛した。

映画「俳優は俳優だ」は、演劇舞台を転々しながら下流人生を生きるエキストラ俳優のオヨン(イジュン)が、あるチャンスをきっかけに一躍スターとなったとたん、再びどん底の奈落に落ちる過程を描いた。
また、「映画は映画だ」「プンサンゲ」と同様にキム・ギドク監督が原案と製作に参加して話題を呼んだ作品でもある。(10月24日韓国で公開)
(ソン・ジヨン記者)


記事・画像提供/『スポーツソウルJAPAN』

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト