韓国芸能界の“今”をウォッチ!

PSYとエアロスミスの楽屋2ショット

2013.10.21 MON


歌手PSYが、ハリウッドの人気女優リブ・タイラーの父で伝説のロックバンド“エアロスミス”のボーカル、スティーブン・タイラーとコラボして新曲の作業をしたことが分かった。

16日(現地時間)、米ビルボド誌は、イタリアの男性誌<L’UOMO VOGUE>とPSYのインタビュー記事を引用して、「PSYがエアロスミスのボーカル、スティーブン・タイラーとのコラボレーション曲の録音を終えた」と報道した。
PSYはインタビューで、「僕が中学校時代に、エアロスミスの『Crazy』と『Amazing』を聞いて涙を流した」とし、「彼らは僕の人生のロールモデル。なのに今僕はスティーブン・タイラーとコラボレーションをしている」と明らかにした。

スティーブ・タイラーが所属しているエアロスミスは、1970年に結成されたロックバンドで、全世界に1億5000万枚のアルバムを販売し最多アルバム販売記録を保有するアメリカの伝説のバンド。
また、エアロスミスは、グラミー賞で4回、アメリカン・ミュージック・アワードで7回受賞しており、2001年にはロックロールの“名誉の殿堂入り”に成功した。

PSYは、「11月に新曲を聞かせることができるだろう」と語り、スティーブ・タイラーだけでなく、他の世界的なスターたちと曲の作業をしていることを示唆した。
一方、スティーブ・タイラーの娘リヴ・タイラーは、映画「ロード・オブ・ザ・リング」で“アルウェン”役を演じるなど世界的に有名なムービスター。2003年にイギリス出身のロッカー、ロイストン・ラングドンと結婚して翌年に第1子を出産したが、2008年に離婚した。
(eニュースチーム)


記事・画像提供/『スポーツソウルJAPAN』

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト