ネット界の“旬”なニュースをお届け!

ジャパネットが恋チュン動画公開

2013.10.22 TUE

噂のネット事件簿


サビ前の一番オイシイところを頂いた高田社長。本社がある佐世保市民からは、「佐世保の誇り」の声も ※この画像はサイトのスクリーンショットです
テレビショッピングでおなじみの「ジャパネットたかた」のスタッフが、AKB48の『恋するフォーチュンクッキー』(以下『恋チュン』)のダンスを踊った動画を、YouTubeに投稿し、再生回数が1週間で90万回以上に達する人気動画になっている。

『恋チュン』は、8月に発売され、すでに130万枚以上の売り上げ枚数を誇る大ヒットシングル。6月のAKB48総選挙で1位になった指原莉乃がセンターを務めたこの曲は、YouTubeのAKB公式チャンネルに、次々と“踊ってみた”ダンス動画が投稿されている。これまでにもAKBのスタッフをはじめ、サマンサタバサやサイバーエージェントなどの企業、また、佐賀県職員によるバージョンが人気を博してきた。

10月15日に投稿されたジャパネットたかたバージョンは、同社の高田社長による「皆さん!ジャパネットの恋するフォーチュンクッキー、見どころ満載ですよ~。社員の笑顔をぜひご覧ください!」という、おなじみの甲高い“セールストーク”でスタート。動画では、自社スタジオのスタッフ、受付、秘書、広報、総務、経理、バイヤー、発送、整備など、同社の社員がニコニコと笑顔で『恋チュン』のダンスを音楽に合わせて踊っており、サビ前の指原のソロパート「占ってよ♪」という部分には高田社長も出演している。

この動画は公開後、順調に再生回数を伸ばしている。公開後4日経過した21日8時現在、その回数はおよそ90万回、コメント数も250件に達しており、そのコメントも、

「皆さん楽しそう」
「ジャパンネットに入りたくなったw」(原文ママ)
「みんな良い笑顔しとるわー」
「楽しそうな社風が出ていて、羨ましい。」
「これはそうとう練習したね!
素晴らしい!!」

など、軒並み好評価。YouTubeにアップされた動画の詳細ページでも記載されている、「全国に楽しさ、面白さ、元気を発信したい」というジャパネットの思いは、見事に動画視聴者に届いたようだ。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト