ネット界の“旬”なニュースをお届け!

最新版・鬼束ちひろがかわいいと好評

2013.11.12 TUE

噂のネット事件簿


ゲームのプロデューサーの柴貴正氏(右)と音楽監督・岡部啓一氏(左)に囲まれ、優しい笑顔を浮かべる鬼束ちひろ ※この画像はサイトのスクリーンショットです
奇抜なファッションや言動で、何かと話題になることが多い鬼束ちひろが、新たな姿を見せているとネット上で話題となっている。

2011年には、自身がメインMCを務めるニコニコ生放送の番組『鬼束ちひろの「包丁の上でUTATANETS」』で、なぜかプロレスごっこをしたり、イナゴを食べて叫んだりといった奇行を繰り広げ話題になったこともある鬼束。その後、ツイッターで問題発言をして、世間を騒がせたこともあった。

また、自身の公式サイトのトップページには、ツインテールにド派手なメイクの鬼束が、同じくド派手な2人の男性ミュージシャンとともに写っている衝撃的な写真が大きく掲載されており、エキセントリックな雰囲気を醸し出している。

そんな鬼束は、12月19日に発売されるPlayStation3用ゲームソフト『ドラッグ オン ドラグーン3』(SQUARE ENIX)のテーマソング「This Silence Is Mine」を歌っていて、この楽曲についてのインタビューがゲーム関連のニュースサイト「電撃オンライン」に掲載された。その記事に掲載されている鬼束の写真をみると、最近のエキセントリックなものとはまったく異なる、ナチュラルビューティーな姿に変貌を遂げているのだ。

デビュー当時のイメージを思い出させるような鬼束の姿にネットユーザーも驚きを隠せない様子。2ちゃんねるには「【朗報】鬼束ちひろ復活のお知らせ」というスレッドが立ち、

「やっぱ普通の化粧だとかわいいなー」
「逆に現在の綺麗且つしゅっとした感じにタトゥーしてる方がかっこいいな」(原文ママ)
「おぉ復活したなw
見るたびに違うんだがどうにかならんのか」

などと、ナチュラルな姿を歓迎するネットユーザーが多かった。とはいうものの、

「ええ~!!逆になんかショック…」
「素顔はこんなに可愛いのか
可愛いのにわざと変なメイクとかしてブサに見せてるのってスゲーかっこいい」(原文ママ)

と、むしろ最近のエキセントリックな姿に魅了されてしまっていた、という意見も少なくない。

外見的にはナチュラルに回帰した鬼束だが、前出のインタビューの最後ではなぜか自分の胸を持ち上げて「胸が重い!」と発言する場面もあり、中身の方はまだまだエキセントリックなようだ。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト