OFFで役立つグッズ!

発電機内蔵、組み立て式のデジカメ

2013.11.13 WED


本体からは赤のみで、背面(液晶側)は透明で内部が見えるようになっている。レンズはノーマル(35mm換算で50mm相当)、パノラマ(25mm相当)、3D(赤と青のメガネを通して見るアナグリフ方式)となっている
皆さん、普段からデジカメを持ち歩いていますか。今ならほとんどの人がスマホのカメラで画質的にも十分こと足りるので持ち歩いていない、と答えるのではないでしょうか?

それに、普段から電池残量について気にしているスマホと違い、デジカメはいざという時にバッテリーが切れているといったことがありがちです。なので、ズームや広角などにこだわる写真好きやカメラ好きでもない限り、あえてデジカメを持ち歩くという人は減少気味。

でもこの『組み立て式デジカメ Bigshotカメラ』は、電池切れの心配がなく、スマホとはちょっと違った写真を撮ることができるという“あえて持ち歩きたくなるデジカメ”なんです。300万画素の撮像素子と1.2インチの液晶ディスプレイを搭載し、内蔵メモリに約120枚の画像を記録可能というスペック。

画素数だけ見ると、今どきのスマホにも及ばない性能ですが、レンズが「通常」「ワイド」「3D」という3タイプに切り替えられるという、スマホや他のトイカメラにはない特徴があります。また、内蔵バッテリーはUSB給電式ですが、手回し発電機を内蔵しているので、いざという時は6~7回ほど回すごとに1枚撮影できるのというのも大きな強み。

ただし、名前の通り組み立て式なので、まずは自分で組み立てる必要があります。とはいっても、撮像素子や液晶などの電子部品は組み立て済みで、約20個の部品をボディにはめ込んだり、ネジ止めしたりするだけという簡単さ。ドライバーも付属しているので、手元にキットが届いたら、すぐに組み立て始めることができ、30分ほどの所要時間で完成します。

ちょっとスマホとは違った写真が撮れるうえに、電池切れの心配もいらず、カメラの構造まで勉強できる…、こんな組み立て式デジカメはいかがですか。
(青山祐輔)

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト