韓国芸能界の“今”をウォッチ!

アイドルと熱愛し嫌がらせ受け告訴

2013.11.27 WED


ショッピングモールを運営しているキム・ドヨンが26日、自身のTwitterを通じてグループINFINITEのエルと交際していることを認めた。特にキム・ドヨンは、二人の関係について悪質な書き込みをネット上で投稿したネットユーザーを告訴する意向を伝え人目を引いている。

キム・ドヨンは同日、自身のTwitterに「熱愛説が報道した後、INFINITEの所属事務所の頼みで釈明しませんでした。しかし、物質的、精神的被害が大きくなり、これ以上じっといられない状況まで至りました。悪質な書き込みをネット上で投稿したすべてのネットユーザーに対して告訴する予定です」という内容のコメントをアップした。

キム・ドヨンは、これまで集めた悪質な書き込みのデータをソウル・江南(カンナム)警察署に提出する前、このようなコメントを掲載し、今後の歩みが注目される。

キム・ドヨンは、「ミョンス(エルの実名)のために、ファンが車をえぐったり仕事帰りに石を投げても、告訴せず両親を安心させた。しかし、静かになるどころか、じっとしていると、より激しくなって、オフィスの前にゴミを置いたり、大量に注文してすべてを返品するなどショッピングモールの営業に妨げとなる行動が増えた。最近健康がよくない両親さえ倒れて入院した」と被害の内容を具体的に言及した。

続いて、「相手の職業特性上、恋愛を認めていなかったことと、あまりにも自分勝手に恋愛をしたことには指摘を受けるかもしれないが、20代の私達が恋愛したことで、一人の女性がすべての生活に支障が出るほど、ネットに個人情報を上げて、同名異人まで被害を与えるほど大きな誤りではないと思う」とエルとの熱愛事実を重ねて強調した。

キム・ドヨンはまた、「私も人間だから痛いほど苦しんだ」とし、「もう一度私の家族、私の友人に虚偽の事実と悪口のコメントなどを送ると、すべての力を動員して強力に対応していきます」と付き加えた。

一方、キム・ドヨンとエルは昨年9月、オンライン上に一緒にスーパーでデートを楽しむ姿がアップされ、熱愛説が浮上した。INFINITEの所属事務所は、これを公式に否定した。
(eニュースチーム)


記事・画像提供/『スポーツソウルJAPAN』

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト