ネット界の“旬”なニュースをお届け!

モー娘。紅白落選もブログに決意

2013.11.28 THU

噂のネット事件簿


10期・11期メンバーによる「モーニング娘。天気組オフィシャルブログ」で紅白落選に対する気持ちをいち早くつづったサブリーダーの飯窪春菜 ※この画像はサイトのスクリーンショットです
11月25日、第64回NHK紅白歌合戦の出場歌手が発表された。AKB48、SKE48、NMB48、ももいろクローバーZ、E-girlsなど、多くの女性グループが出場を決めたなか、有力候補といわれながらも、残念ながら落選してしまったのが、モーニング娘。だ。

モーニング娘。は、1998年に初出場してから2007年まで10回連続で紅白に出場しており、女性グループとしては最多出場となる。2008年以降は出場していないが、今年はリリースしたシングル3枚すべてがオリコン週間1位を記録したほか、6年ぶりに『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)に出演するなど、“再ブレイク”の1年だったため、事前の予想でも有力候補に挙げられていた。

メンバーたちも「紅白出場」を目標として公言していたため、落選には大きなショックを受けたと思われるが、ブログでは前向きなメッセージを発信している。

最初に紅白落選に関するブログを更新したのは、サブリーダーの10期メンバー・飯窪春菜だ。紅白出場歌手が発表された約1時間20分後の25日午後4時47分に、「まだまだ」というタイトルで、

「私たちはまだまだ上にいけます。
一人一人、目立っていけます。
悔しい気持ちをバネにして
来年以降も頑張ります。
私たちには
皆さんがいてくれますもんね(*^.^*)
期待に応えられるよう
精進してまいります(‐^▽^‐)」

と、「紅白」という言葉こそ出していないが、悔しいながらも来年に向けて頑張っていくと決意表明をした。落胆していたファンたちも、このブログに感動したようで、

「またいっしょに夢の続きを見ていきましょう」
「はるなん、わたしははるなんに、いまのモー娘。に、まだまだついていきますよ。
ここからがはじまりだね!」

などの応援コメントが殺到。通常ならコメント数は、1回のエントリーにつき200件程度だが、このエントリーには700件超えるコメントが寄せられている(11月26日現在)。

また、リーダーの道重さゆみも11月25日の深夜に「モーニング娘。♪」というタイトルでブログを更新。

「(紅白は)今年の目標の一つでもあったので
もちろん悔しい気持ちはあります。
(中略)
今までのファンの方ももちろん、
新しくファンになっていただけた方も含めて、
たーーーーくさんの人に愛されてるモーニング娘。は、
このまま突っ走ります」

と、悔しい気持ちを抱えつつも、前向きに頑張り続けることを誓っている。また、道重や飯窪だけでなく、そのほかのメンバーたちも、それぞれブログで悔しい気持ちや、今後の決意表明をつづっており、いずれも通常の倍以上のコメントが寄せられている。

今回、まさかの落選となってしまったモーニング娘。だが、メンバーたちの決意とファンからの熱い応援を見ていると、“紅白返り咲き”が現実になるのもそう遠くはなさそうだ。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト