卒業してからは、自分を素直にさらけ出すようになりました

篠田麻里子

2013.12.02 MON

今週の彼女

1986年3月11日生まれ。福岡県出身。タレント、モデル。2006年AKB48に加入。2012年ファッションブランド「ricori」を立ち上げ、プロデューサー兼デザイナーを務める。2013年7月22日にAKB48を卒業。
7月にAKB48を卒業した篠田麻里子さん。2014年用お年玉付年賀はがきのイメージキャラクターに就任しました。

─ 年賀状はどれくらい書く?

毎年最低でも100枚は出しますね。いつも晴れ着の写真を使うんですけど、必ず手書きのメッセージを添えて出します。

─ でも手書きは大変ですよね。

AKBのメンバーにはメールで送っていました。でも、お世話になった方には感謝の気持ちを伝えたいので手書きにしています!

─ AKB48を卒業して3カ月以上が経ちましたが、何か変わった?

今までは「アイドルとしての篠田麻里子」を崩さないように意識していた部分が大きかったんですよ。たとえば「ファンの方が喜ぶんじゃないかな」って思う写真をブログに載せたりして。でも、卒業してからは、自分を素直にさらけ出すようになりましたね。ちょっと自分勝手になっちゃったかもしれないけど(笑)。

─ ちなみに、R22世代のころの篠田さんはどんな感じだった?

怖いもの知らずで自信過剰でした(笑)。すべてにおいて自分にできないことはないと思ってましたね。振り返ると、生意気だったなと思います。でも、自信がないと挑戦できないし、あのころ慎重になりすぎていたら、今の自分はいなかったと思うんですよ。何度でもやり直せる時期だし。だから、自信過剰で良かったなって。R22世代の皆さんも、どんどん挑戦していってほしいと思います!

斉藤美春=撮影
相羽 真=取材・文
撮影協力/アルフレックスジャパン

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト