トキメキを生むロケーションって?

ドライブデート・ルート作りの極意

2013.12.12 THU


オトナのドライブを目指すなら、目的地にまっしぐら! より、その道中をゆったりと楽しむ余裕を見せたいところ。意外な発見が、旅の醍醐味を生むことは間違いないのだ
冬の屋外レジャーを楽しむなら、マイカー持ちが優位なこの季節。外は寒くても、ドライブデートは彼女との仲を温めるには絶好のチャンスだ。

しかし、スキーやスノボ、温泉といった、旅の目的を決めた後に、意外とおろそかにしがちなのが“道中”のセレクト。最短ルート以外のどんなルートで現地に向かうかを考えたことはあるだろうか? クルマでしか味わえない風景こそドライブの醍醐味。ふたりきりの車内を盛り上げるためにも、目的地までのルートは慎重に選びたいところ。では、どんな風景が助手席の彼女にトキメキをもたらすのだろう?

そこで、日ごろからクルマをよく運転するイケメンのモータージャーナリスト、岡本幸一郎さんに、首都圏近郊オススメドライブコースベスト3をうかがった!

「まず第3位は、箱根です。昔からのドライブコースとして有名ですし、温泉はもちろん、海と山、川にいたるまで風光明媚なスポットをしっかり網羅しています」

箱根といえば定番コースだが、3位にとどまった理由としては、東京からだと2~3時間程度と若干遠く、休日の夕方なら帰路に5時間かかることもザラという点があげられるとか。

「2位は、秩父です。東京からもほど近い立地ながら、雄大な自然が広がります。また川やハイキングコースなど立ち寄れるスポットが豊富なのもいいですね」

サイドウィンドウからの渓谷の眺めは圧巻! 道路の混雑もそれほどではなく、手近ながらも山の魅力を満喫できるオススメコースとのこと。

「そして第1位は東京湾アクアラインを抜ける房総半島。東京方面から長いトンネルをくぐって海ほたるを抜けると、全方位に広がる一面の海。海の真ん中を走るのは気持ちいいですよ。サービスエリアの海ほたるは、まるで“孤島”。ぜひ立ち寄ってその絶景を楽しんでほしいですね。15分程度であっというまに千葉に着きますが、そこからの景色もいいんです。のどかな田園風景が広がり、さっきまでいた都会とのギャップに驚かされます」

東京湾アクアラインの通行料は現在800円と値下げ中なのもうれしいポイント(※ETC搭載車に限る)。ただし、来春からはこの割引制度が見直される可能性もあり、そうなると一気に3000円に跳ね上がるので、今がチャンスかも。勝浦や九十九里など、多くの目的地で使えるルートというのも使い勝手がいい。

「どこに行き、何をするか」に加えて、「どこを走るか」の選択肢が持てるオトコになるためにも、ルート選びは入念に。

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト