韓国芸能界の“今”をウォッチ!

KARAニコル事務所別でも5人で

2013.12.12 THU


2007年にデビューし、これまで愛されているガールズグループKARA(ギュリ、スンヨン、ニコル、ハラ、ジヨン)とWonder Girls(ソネ、イェウン、ユビン、ソヒ、ヘリム)の「完全体」活動に赤信号がついた。

KARAのニコル(22、実名:チョン・ヨンジュ)に続いて、Wonder Girlsのソヒ(21、実名:アン・ソヒ)も、所属事務所と再契約をせず、各自の道を選ぶことにしたのだ。

Wonder Girlsの所属事務所であるJYPエンターテイメントは11日午後、「ソネ、イェウン、ユビンとは再契約をして、新しい雰囲気の中で演技に専念したいという意向を明らかにした。しかしソヒは、相談の上、彼女の意見を尊重することにした」と再契約しないという事実を明らかにした。

これに先立ち、 KARAのニコルは、昨年10月、所属事務所のDSPメディアと再契約の意思がないと明らかにし、来年1月の契約が満了すると、独立となる。残ったメンバー・ギュリ、スンヨン、ハラの3人は再契約を終えているが、末っ子のジヨンは、再契約するかどうかを苦心している状況だ。

メンバー別に再契約状況が異なって、両チームの活動には赤信号がついた。JYPエンターテイメントは「メンバーたちの個別活動によって、今後Wonder Girlsの活動時期と方法を決定する」と説明したが、もしソヒと残りの4人メンバーが所属事務所を変えれば、Wonder Girls5人の活動は不透明だ。

KARAも状況は同じだ。ニコルは自身のTwitterに「KARAのメンバーとして始めて、最後もKARAメンバーとして残りたい。事務所の所属アーティストではないけれど、今まで一緒にしてきたグループを、持続するための方法が見つけられると考えている」というつぶやきで、KARAの活動を継続したいという意思を明らかにした。しかし、KARAの所属事務所DSPメディアは「一部のメンバーが再契約せずに離脱しても、チームの解散はない」と立場を伝え、“完全体のKARA”を見ることができるかは疑問だ。

ファンたちは、このような状況に大変残念な気持ちを示している。ソヒはJYPエンターテイメントと再契約しないという事実が知られた後、SNSやオンライン・コミュニティには、「ソヒが他の所属事務所に行っても、Wonder Girlsは変わらないでほしい」、「ソヒがいないWonder Girlsにならないでほしい」など、現在の5人で活動Wonder Girlsを見たいというファンの意見が多かった。

また、KARAのファンクラブKAMILIAのメンバーたちは、KARAの日本ツアーの期間中、コンサート現場とインターネットを通じて、「ニコルが他の事務所に映っても、5人全員がいるKARAで活動してほしい」という、ファン2万人の署名を集めたことが分かった。
(イ・ゴンヒ記者)


記事・画像提供/『スポーツソウルJAPAN』

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト