OFFで役立つグッズ!

チャンスを生かすカメラストラップ

2014.01.15 WED


ショルダーパッドサイズは最大幅60mm×長さ380mm。ストラップ最大長1600mm。重量155g。機材総重量は3.0kgまで。他にミラーレスや小型一眼レフ用モデルなど多数のラインナップがある
もっと綺麗な写真を撮りたい、という人に人気なのがミラーレスやデジタル一眼レフです。しかし画質に応じて、大きく重くなってしまうのが光学機器であるカメラのさだめ。付属のストラップに吊るして下げると首や肩にけっこうな負担がかかります。

そこで、「カメラやレンズの重みが分散されて、負担が軽くなる」と人気なのが肩への斜めがけに対応したショルダーストラップです。しかし、いざシャッターを切るべくカメラをかまえようとすると、洋服に引っかかったりしてもたつくことがあります。

カメラを提げるには楽ちんだけど、撮影時には面倒くさい。そんな斜めがけストラップの欠点を解消したのが、『ブラックラピッド』です。

ブラックラピッドは、ショルダーストラップに直接カメラを取り付けるのではなく、ストラップ上で自在に動くカラビナ状のパーツ(CR-2)を介して取り付ける設計。このおかげで、カメラを瞬時に顔の前に持ってこられるようになっているのがポイントです。

そのカラビナ状のパーツはカメラの三脚穴に固定するのですが、通常、カメラを2カ所で固定するななめがけストラップと異なり、カメラを固定する部分が1カ所なので脱着もスムーズです。

また、肩にあたるパッドは幅広で丈夫なバリスティックナイロン素材を用いているので、カメラの重さが分散されるだけでなく、カメラをかまえてもストラップがずれにくくなっています。

新しいタイプのカメラの携行グッズ。ストラップとして考えると5000円以上の価格帯はかなり高めに感じますが、シャッターチャンスを逃さないために必要な投資といえるかもしれません。
(熊山 准)

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト