海外ドラマチャンネルが厳選した作品

世界でヒット中の北欧ドラマ3選

2014.01.21 TUE


画像は、ヨーロッパを中心に熱狂的なファンを生み、ハリウッドでリメイク版も制作された『THE KILLING/キリング』。ひとつの殺人事件が解決にいたるまでの捜査過程が、シーズンを通して1捜査日=1話で描かれる傑作ミステリー(シーズン1は全20話、2・3は全10話)。事件が起きた背景や、事件によって影響を受ける人物たちの葛藤が丁寧に描かれる 画像提供/株式会社スーパーネットワーク© Tine Harden
いま、北欧のTV制作局が手掛けるドラマが熱い。きっかけは『ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女』に代表される北欧のミステリー小説が世界的にヒットし、ドラマ化されるようになったことだ。ハリウッドでも、北欧発のドラマが次々とリメイクされている。日本ではCS局を中心に放送されていて、なかにはDVD化された作品もある。

北欧ドラマを数多く放送する「スーパー!ドラマTV」の編成部は、その魅力を次のように語る。

「米英のドラマに比べると、説明的な台詞が少なく、俳優の表情や情景で描写するシーンが多いので深みがあります。派手な展開はないですが、登場人物の人間関係が細かく描かれていたり、伏線が張り巡らされていたりするため、物語から目が離せなくなります」

また、ミステリードラマを専門に放送をしている「AXNミステリー」編成制作部の秋山由起子さんは、視聴者を惹きつけるポイントは「脚本と映像」にあるという。

「緻密なストーリー設計は、力量のある書き手が脚本を手掛けているからこそだと思います。また、北欧ではテレビドラマが、映画館で再度放送されることもあるため、あらかじめ映画並みのクオリティで撮影されており、細部にわたって作り込まれているのです」

ということで、そんな北欧ドラマのなかでも、人気が高い作品をピックアップしてみた。

■『THE KILLING/キリング』(デンマーク)
北欧ドラマブームの先駆けといえる作品。英国アカデミー賞最優秀国際シリーズ賞も受賞。バツイチ子持ち、禁煙ガムが手放せない中年女性刑事サラ・ルンドが事件解決に挑む。
※シーズン1はDVD発売・レンタル中。また、「スーパー!ドラマTV」で、シーズン2が3月29日(土)から毎週土曜10:30~11:30で放送決定

■『エリカ&パトリック事件簿』 (スウェーデン)
全世界で1000万部を突破した、女流作家カミラ・レックバリのベストセラー小説が原作。主人公は、作家のエリカと、彼女の幼なじみの刑事パトリック。2人の穏やかな生活とは真逆にある、陰惨な事件が展開する。
※「AXNミステリー」で放送。1月22日(水)~24日(金)14:15~16:30(22日のみ14:00~16:00/再放送・同日深夜3:30)

■『スウェーデン国家警察特捜班』 (スウェーデン)
批評家、編集者でもあるアルネ・ダール原作による傑作ミステリードラマ。家庭生活に問題があったり、移民だったりと、個々に悩みや問題を抱える特捜班の刑事たちが、チーム力で事件を解決していく。
※「AXNミステリー」で放送中。毎週木曜20:00~22:00(再放送・日曜16:30)
 
登場人物の内面に深く迫るストーリーと、美しい映像が魅力の北欧ドラマ。日本での今後の放送にも注目だ!
(末吉陽子/やじろべえ)

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト