ネット界の“旬”なニュースをお届け!

森高千里はいつオバさんになるのか

2014.02.21 FRI

噂のネット事件簿


ミニスカート姿の森高千里。44歳になっても変わらぬ美しさとスタイル ※この画像はサイトのスクリーンショットです
現在44歳の森高千里の変わらぬ美貌に、多くのネットユーザーたちが驚いている。

2月15日に大阪城ホールで行われた飲酒運転撲滅を誓うライブイベント『LIVE SDD 2014』にシークレットゲストとして登場した森高千里。ライブ終了後、その日の衣装だった青いミニスカート姿の写真を公式フェイスブックページにアップすると、

「綺麗ですね!」
「本当に変わらず美しい~(*^▽^*)
同じ女性として憧れます!」
「このスタイル変わらないとは凄い可愛い~(^∇^)」

と、絶賛のコメントが殺到。「いいね!」の数も2万6000件を超えている。

23歳のころにリリースした「私がオバさんになっても」は、オバさんになっても変わらず愛してほしいという女心を歌った曲だったが、実際に「オバさん」といわれても仕方ない年齢になっても、美しさが変わらない森高。2ちゃんねるの「森高千里の『ミニスカート姿』にコメント殺到」というスレッドでは、

「私がおばさんになっても~って歌ってた時は冗談だろBBAになったら興味ねーよと失笑していたものでした
ごめんなさい素敵すぎます」
「いつオバサンになるんだよ」
「私がおばさんになってもディスコに連れてくの?
ミニスカートはとても無理よ若い子には負けるわ
ディスコはもうないけど、このおばさん、若い子が束になってもかなわないんだが」

と、ヒット曲「私がオバさんになっても」の歌詞が現実と矛盾していると指摘されている。

「私がオバさんになっても」の作詞は森高自身によるもの。44歳になって20代前半と変わらぬ美しさを保てるとは、森高自身も想像していなかったのかもしれない。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト