韓国芸能界の“今”をウォッチ!

アイドル競争でファンサービス激化

2014.02.26 WED


グループB.A.P(一番上)と少年共和国(下)が、それぞれのファンと一緒に特別なイベントを行う。|提供 TSエンターテイメント、ハッピートライブ
「ボランティア活動からチキン・パーティーまで...」
数えきれないほど降り注ぐアイドルの洪水の中でファンは、アイドルの人気と認知度を左右する最大の力である。ファンの力が大きくなることに伴って、アイドルたちのファンサービスも日々進化している。

まず、今月初めに1stフルアルバム「First Sensibility」を発売したB.A.Pは、ファンサービスの一環としてファンと一緒に「天使」になる予定だ。
音楽性と大衆性を同時に握ったリード曲『1004(Angel)』で、最近KBS 2TV「ミュージックバンク」、SBS「人気歌謡」などの多くの歌謡順位番組1位を獲得したB.A.Pは、これに先立って「1位になると、ファンと一緒に天使になって意味の良いことをする」と約束し、その約束を守るため、3月中にある福祉団体と連携してファンとボランティア活動を行う予定だ。

所属事務所TSエンターテイメントの関係者は、「今回のイベントのタイトルは『テン.マン.ナム』。天使のような子どもたちと会うという意味。また、天使の気立てを持つ赤ちゃん(BABY:ファンクラブの名称)とB.A.Pが出会うという意味を抱いている」とし、「B.A.Pがファンから受けた愛を、愛が必要なあちこちに伝え、これをさらに大きな愛に作っていく」と語った。

去る20日、新曲『Video Game』でカムバックしたグループ少年共和国は23日、100人のファンたちと会った。これは、「デビュー後、新人賞を受けたら、ファンにチキン(韓国式のから揚げ)をご馳走します」という“チキン公約”を守るための席で、少年共和国は先月、「第20回大韓民国芸能芸術賞」で新人賞を受賞した。

この日、少年共和国のメンバーたちは、店の入り口からファンを迎え席を案内したり、直接サービングまでするなど、ファンと楽しい時間を過ごした。彼らは、「いつもファンからもらっていたが、公約をきっかけにやりがいのある時間を持つようになって胸がいっぱいです」としながら、「いつもファンに何かを与えることができる少年共和国になるよう頑張ります」と覚悟を固めた。

少年共和国は、今回の“チキン公約”の他にも、ファンの卒業を祝うために卒業式を直接訪ねたり、収録現場を訪れたファンたちのためにおやつを作って渡したりするなど、ファンに近付くための多様なイベントを進めてきた。
(ウォン・セナ記者)


記事・画像提供/『スポーツソウルJAPAN』

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト