韓国芸能界の“今”をウォッチ!

少女時代の音楽は聴くより見るもの

2014.03.07 FRI


少女時代が6日のカムバックを控えた中、所属事務所のSMエンターテイメント社屋の前面に彼女たちの写真が上がった。|©SMエンターテインメント
“フィギュア女王”の熱愛ニュースが伝われた6日、あいにく歌謡界の女王も帰還する。自他共に認める韓国ガールズグループの第1人者、少女時代が先月発表した新アルバムのカムバックステージを、同日午後6時放送されるMnet「M COUNTDOWN」で初公開する。

少女時代の音楽は“聴く”よりも“見る”もの。リード曲『Mr.Mr.』の音源成績は2NE1に押されたが、ミュージックビデオにはファンから熱い反応を得ている。このようなわけで、カムバックステージはさらに重要になった。放送前からファンたちの期待と関心が集中しているのだ。

同日のカムバックステージで少女時代は、2007年デビュー以来初めて男子バックダンサーたちと息を合わせる。両手首を利用したポイント振付と妖艶な仕草まで加えて、セクシーな感じのステージを披露する予定だ。曲の中毒性をアップグレードして、現場のファンはもちろん、お茶の間の視聴者たちの心までとらえるというのが彼女たちの意志。ここではアルバムの収録曲『Wait a Minute』のステージまで広げて、止めを刺すつもりだという。

所属事務所のSMエンターテイメントはステージの公開前、確実なプロモーションで支援射撃を行った。KBS、MBC、SBSなど地上波3社に新しいアルバムと関連した広告が一斉に出撃し、ソウルにあるSM社屋の外壁には少女時代の超大型イメージ写真がラッピングされ、通る人々に強烈な印象を与えている。

海外ファンたちの期待も熱い。アメリカの有名メディア<ビルボード>をはじめ、FUSE TV、POPDUST、MTV、Hypetrakなど複数のメディアが少女時代の新しいアルバムとミュージックビデオについて連日報道しており、外国のファンも少女時代のカムバックステージを心待ちにしている。

ほぼ同じ時期にカムバックしたため、ライバルとして浮かび上がった2NE1との対決も、ファンの関心を集めるポイントになっている。9日に放送されるSBS「人気歌謡」に並んでカムバックステージを広げるため、誰が番組のクロージングを引き受けるかにも注目が集中されている。そういうわけで、新アルバム活動の開始日である6日のカムバック舞台は、少女時代にとって重要なステージになると思われる。

少女時代が『Mr.Mr.』のステージを通じて2NE1を抑え勝機を掴むのか。ガールズグループ序列1位というタイトルに相応しい成果を出せるのか。その結果は、今日午後6時の放送で分かることになる。
(パク・ソヨン記者)


記事・画像提供/『スポーツソウルJAPAN』

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト