ネット界の“旬”なニュースをお届け!

各国ユーザー絶賛!松たか子の歌声

2014.03.18 TUE

噂のネット事件簿


松の歌声が聴けるのは、1分13秒から。吹き替え版のエンドロールでは、歌手のMay J.も同曲をカバーしている ※この画像はサイトのスクリーンショットです
日本では3月14日より公開されているディズニー映画『アナと雪の女王』。アカデミー賞の長編アニメ映画賞を受賞した同作において、公開前から特に注目されているのが、主題歌の「Let It Go」である。

映画のサウンドトラックとして各国で異例の売上、人気を得ている同曲。映画で主人公・エルサの声を担当した女優・イディナ・メンゼルが歌っており、各国で同役を演じた女優もそれぞれの母国語でカバーしている。日本でその役割を担っているのは、女優の松たか子だ。

女優活動と並行して、1997年からコンスタントに歌手としての活動にも取り組んできた松。ミュージカルにもこれまで多数出演しており、その歌唱力には定評がある。そんな松の歌声が、世界各国のネットユーザーのあいだで絶賛されているのだ。

動画サイト「YouTube」では、同曲、そして映画のプロモーションの一環として、世界25カ国のエルサ役の女優が同曲を歌いつなぐ動画が公開されており、その再生回数は掲載から2カ月間弱で約1572万回(3月16日時点)。爆発的な人気となっているこの動画において松は、最初のサビの歌い出しという最も“おいしい”パートのひとつを担当している。

「ありのままの 姿見せるのよ」と感情豊かに歌い上げる松。そんな彼女の歌声に、動画のコメント欄には海外のユーザーから以下のような声が多数投稿された。

「Japanese version is so attractive for me」(編集部訳:日本語バージョンが凄く魅力的だと思う)
「The Japanese part is beautiful」(日本語パートが美しい)
「Japanese is my favorite」(日本語のところがお気に入りだよ)

海外ユーザーのからコメントでは、このような松の歌声を絶賛する声が全体の3割程度になっている。

そして、日本人ユーザーの心にも松の歌声は響いており、ツイッターでは、

「松たか子歌うますぎ…」
「何回きいてもいい歌~ 松たか子の歌唱力はんぱない!」
「曲も映像も本当に素晴らしい!松たか子さんのソウルフルな歌も最高」

といったツイートが日々続々投稿されている。このような声は、吹き替え版の映画を観たユーザーから多数投稿されており、松だけでなく、エルサの妹・アナ役を演じた神田沙也加の歌声を絶賛する声も多数。本作の日本吹き替え版は、ぴったりのキャスティングになったといえそうだ。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト