“あの頃”に帰れるデスクの癒やし…

人気定着! 大人向けカプセルトイ

2014.04.11 FRI


左から「ぶら下がって隊」のジャスティン、「キーの芽」、「人魚。」。子ども向けのトイにはない、なんとも味のあるルックスである…
「コップのフチ子」や「カベヌ家の人々」など、「なにそれ?」というネーミングのグッズが、今や定番商品になっている。何かといえば、大人向けのカプセルトイだ。硬貨を入れてハンドルをぐるりとまわすとカプセルに入ったおもちゃが出てくる、アレ。昭和の頃から子どもに親しまれているおもちゃだが、最近ではビジネスマン向けの商品が話題だという。

そこで、大手メーカー・バンダイのベンダー事業部企画・開発第二チームの高橋晋平さんに話を聞いてみた!

そもそも、いつ頃から大人向けのガシャポン製品を制作し始めたのだろうか。

「大人向けガシャポン商品は、2013年3月に発売した『スマートパンツ』がヒットしたことがきっかけで本格的に展開し始めました。ユーザー層を拡大するために斬新なアイデアを、という流れで出てきた商品です」

「スマートパンツ」とは、シリコン製の“スマートフォンにはかせるパンツ”! ブリーフからヒョウ柄、Tバックなどの「パンツ」をスマートフォンにはめるだけ、といえばそれだけだが、クスっと笑えてまさに大人向けの楽しい商品だ。その後も数々の大人向けガシャポンをヒットさせてきた。なぜ今、カプセルトイがビジネスマンにウケているのだろうか?

「これまでは、キーチェーンなどでつけるアクセサリーが主流でしたが、デスクに飾るものやスマホグッズなどビジネスマンのライフスタイルにもすんなり溶け込める商品が増えたことで、関心が向いたのではないでしょうか」

さらに高橋さんは、ヒットの背景にはその商品の話題が拡散されやすい状況があると話す。

「ネタ系商品が増えたことで、WEBニュースなどで面白グッズとしてガシャポン商品が注目される機会も多くなりました。また、デスクに面白く飾った写真をTwitterなどのSNSで紹介するのも楽しんでもらっていることで、さらに拡散されているようです」

最後に、同僚女子にプレゼントするならどれがオススメか、聞いてみた!

●キーの芽
キーボードに吸盤でとりつける“木の芽”。PCだらけの殺伐としたオフィスに緑を生やせる癒やしグッズだ。「女子のデスクやPCにこっそりつけてあげて、驚かせよう」(高橋さん・以下同)

●ぶら下がって隊
世の中のいろんなところにぶら下がっている人たちをかたどったフィギュア。コップやデスクにぶら下げて遊べる。「ジゴロキャラの“ジャスティン”をプレゼントして、カッコイイ! と言わせよう。のびたネコ“マックス”もかわいいのでオススメ」

●人魚。
いわゆる人魚のイメージとはちょっと違う、魚から手足が生えた生物のフィギュア。手足やしっぽでいろいろなところをつかませて飾れる。「デスクにうじゃうじゃ置いておき、『キモイ!』と言わせて盛り上がろう!」

子どもの頃はできなかったカプセルトイの「大人買い」、やっちゃえるのが大人の特権です!
(林さやか)

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト