ネット界の“旬”なニュースをお届け!

国立ラスト消滅も嵐ファンは前向き

2014.04.18 FRI

噂のネット事件簿


国立競技場最後の音楽イベントとなる「JAPAN NIGHT」。28日はゆず、桜井和寿らが出演。29日は、SEKAI NO OWARI、ラルク、Perfumeらが出演する ※この画像はサイトのスクリーンショットです
ゆず、ラルク・アン・シエル、いきものがかり、Perfumeらが出演する音楽イベント「JAPAN NIGHT」が、5月28、29日に東京・国立競技場で開催される。

現在の国立競技場は、2020年東京五輪のメインスタジアムとある新国立競技場建設に向けて、7月から解体工事が始まる予定。施設利用は5月いっぱいで終了し、音楽ライブとしては「JAPAN NIGHT」が最後になるという。

国立競技場での音楽ライブといって思い出すのは嵐だ。2008年から2013年まで6年連続で国立競技場での単独ライブを開催しており、ファンの間では「聖地」とも呼ばれているという。そのため「国立の最後は嵐が飾る」というファンの期待もあったようだが、残念ながらその夢は消滅した形となった。

そんな現実に、嵐ファンたちもさぞ落ち込んでいるのかと思いきや、意外にもそうでもないようだ。ツイッターを見ると、

「嵐最後の国立
やらないんだ
残念な気持ちもあるけど
7年後あの場所で
嵐のみんなが輝いてくれることを願いましょう」
「最後嵐が良かったな。でも仕方がないよね。嵐のみなさん6年間国立ライブお疲れ様てした。今年の夏はゆっくり休んでくたさい。7年後国立でライブするのを楽しみにしています」
(すべて原文ママ)

と、現在の国立でのラストライブ消滅を寂しく感じつつも、新しい国立競技場でのコンサートを期待する声が多かった。

そんななか4月17日の午後に大野智、相葉雅紀、松本潤の3人が国立競技場にいたという目撃情報がツイッター上で拡散する出来事が発生。その真偽は不明だが、

「国立に嵐…? え?アラフェスやるんすか? え?え?」
「嵐が国立ってもしかして..... ないと思うけど期待しちゃう笑」

などと、思わずいい知らせを期待してしまう嵐ファンも少なくなかったようだ。

ちなみに、現在の国立競技場の最後の日となる5月31日には、最後のイベント「SAYONARA国立競技場 FINAL“FOR THE FUTURE”」が開催。サッカー元日本代表選手やラグビーの名選手らによるドリームマッチが行われるとのこと。国立競技場の締めくくりは、やはり音楽ライブではなく、スポーツイベントだった。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト