乱闘上等?ガチで一番強いのは誰?

プロ野球 ケンカ番長ランキング

2014.05.13 TUE

世論調査


ファイターズの若き四番打者・中田 翔。25歳とは思えない(?)そのコワモテなルックスから、“新・球界の番長”キャラを期待する声は多い ※画像はサイトのスクリーンショットです
先日、ホームランを打たれたマシソン(巨人)が、打ったバレンティン(東京ヤクルト)のパフォーマンスに腹を立て、一触即発状態になったことが一部で話題になったが、日本ではここ最近、プロ野球選手の「乱闘」がめっきり少なくなっている。もちろん神聖なグラウンドで暴力はNGだが、ひそかに楽しみにしているファンも多いはず…。そんな彼らがガチでケンカをしたら、誰が一番強いのだろうか? 

そこで、現役&OBプロ野球選手のなかで、ケンカが強そうだと思う選手は誰か、20~39歳の男性200人にアンケート調査を実施してみた。その結果は以下のように! 

●ケンカが強そうな歴代プロ野球選手TOP10(3人まで選択、協力/アイ・リサーチ)

1位 中田 翔(北海道日本ハム) 34.5%
2位 清原和博(元西武、巨人など) 31.0%
3位 ダルビッシュ有(レンジャース) 24.5%
4位 星野仙一(元中日) 7.5%
4位 村田修一(巨人) 7.5%
6位 伊良部秀輝(元阪神など) 4.5%
6位 金本知憲(元広島など) 4.5%
8位 西岡 剛(阪神) 2.5%
8位 阿部慎之助(巨人) 2.5%
8位 イチロー(ヤンキース) 2.5%
8位 中村紀洋(横浜DeNA) 2.5%
8位 山崎武司(元中日など) 2.5%

なんと、球界の番長・清原和博を抑え、北海道日本ハムの怪力バッター・中田 翔が1位に。2位以下にも、現役・OBを問わず日本中を驚かせた身体能力の持ち主がズラリ。それぞれの選ばれた理由は…?

●1位 中田 翔
「体格が大きく気合いもあり力もありそう」(26歳)、「体格がありえないくらいすごい」(25歳)などホームラン量産の秘訣でもある筋骨隆々っぷりが注目されたほか、「ヤンキーっぽい」(27歳)、「高校時代やんちゃをしていた感じがする」(27歳)、「顔が恐い」(26歳)などケンカ慣れしていそうなルックスも票を集めた理由となった。

●2位 清原和博
「ケンカ番長として有名なので」(27歳)、「やはり番長が一番」(23歳)などの声が集まり、番長キャラのイメージは現役を引退した今も全く薄れていない様子。また「格闘家デビューが噂されていたほどだから」(26歳)、「数々の乱闘で実証済み」(29歳)などの伝説もケンカの強さを確信させる材料になっていた。

●3位 ダルビッシュ有
「リーチが長そう」(25歳)、「長身で筋肉もあるので」(27歳)と、恵まれた体格がケンカで有利と考える意見が寄せられた。さらに「無表情なので」(28歳)「怖い顔をするのが得意そう」(28歳)と、クールな顔立ちがケンカに有利…という独特の見解も。

4位の星野仙一には「負けず嫌いそう」(24歳)、「理論より根性だから」(26際)、「鉄拳制裁のイメージが強い」(29歳)など闘将としての姿からケンカを想像する声が、4位タイの村田修一には「にらんだときの眼光が鋭いから」(29歳)、「気が短そう」(26歳)などにじみ出る野性味に強さを感じる声が集まった。

時代も違えば活躍する国も違う選手たち…。上位5人のなかで“夢の対決”が実現したらどんな結果に? とはいえ最近はラフプレーが厳しく処分される傾向に。あまり乱闘を期待するべきではないかも!?
(黄 孟志)

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト