ネット界の“旬”なニュースをお届け!

イモトの姿「子どもの英雄」の声も

2014.05.20 TUE

噂のネット事件簿


5月4日に帰国後、2週間ぶりにブログを更新。まだ気持ちの整理がついていないことを吐露した ※この画像はサイトのスクリーンショットです
5月18日放送のバラエティ番組『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)に、お笑い芸人・イモトアヤコ(28歳)が出演し、年内のエベレスト登頂を断念せざるを得なくなった経緯が明かされた。

イモトは4月8日、エベレスト登頂に向けて出発。しかしエベレスト近くで高地順応訓練中の4月18日、現地のネパール人登山ガイド13人が死亡する雪崩事故が発生した。このことを受けて各国の登山隊が撤退、「イッテQ登山部」も登頂が困難になり、日本テレビは4月28日に登頂断念を発表した。

5年間、この登頂に向けて着々と準備を整えてきたイモト。5月18日の放送で、悔しさと登頂断念への理解、そしてどこかホッとする気持ちが入り混じりながら、あふれ出る涙をこらえきれないイモトの姿がテレビ画面に映し出されると、ツイッター上には、

「イモト
来年頑張れ
ずっと応援してる」
「同い年の女性として!
凄く共感できた。
本当に尊敬。
そして感動。
イモトさんの頑張りは本当にスゴイです!」

など、イモトへのエールと称賛が相次いで投稿されたほか、

「イモトさんのエベレストの番組見てるんですが、イモトさんは息子の英雄。『命がけで頑張るから好き』とのこと。僕のガキの頃の英雄は川口ひろしさんじゃったなー」

という声も。

今回のエベレスト挑戦は、惜しくも断念となったが、自身が登山の素人であることを十分に自覚しつつも、仲間と一緒に大きな目標を達成しようとするイモトは、大人や子どもに確かに勇気を与えたようだ。。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト