ネット界の“旬”なニュースをお届け!

AKB襲撃 指原が握手会継続願う

2014.05.27 TUE

噂のネット事件簿


5月31日までAKB48劇場を休館すると発表した公式ブログ。「今後については、決定次第改めてご報告させていただきます」とのこと ※この画像はサイトのスクリーンショットです
日本中に衝撃を与えた、岩手県滝沢市でのAKB48握手会イベントで発生したメンバー襲撃事件。ネット上で最初に事件に関する情報が流れたのはツイッターだった。

24歳無職の男が、メンバーの川栄李奈と入山杏奈、男性スタッフ1名を切りつけたのは、5月25日の午後4時55分ごろのこと。その直後となる、午後5時ごろには、ツイッターで、

「川栄刺されたっぽい」
「握手会で川栄とかさされました」
「【悲報】AKB48全国握手会で刃物を振り回す男がおって一時止まってる。会場は騒然としてます」

などの現場に居合わせたファンによる投稿があった。

その後も続々と投稿される事件に関する情報に、ネット上は騒然。2ちゃんねるにもスレッドが立っていたが、真偽がつかめず混乱状態にあった。

そんななか、午後6時すぎにNHKのニュースで第一報が報じられ、ツイッターに投稿されていた情報が本当だったが確定し、多くのファンがショックを受けることとなった。

5月27日午前0時の時点で、姉妹グループを含むAKB48グループのメンバーほとんどが、事件発生以降のツイッターやブログ、Google+での更新を停止。また、前田敦子、篠田麻里子、板野友美ら、多くのOGたちも、ネット上での沈黙を守っている状態だった。

そんななか、27日の午後2時15分にHKT48の指原莉乃が、ツイッターを更新。

「みなさん、今回の件での二人への激励のメッセージありがとうございます。二人にもメールで伝えました。二人、そして警備のスタッフさん、本当に心配だったんですが、快方に向かっていると聞いてほっとしています。ご心配をおかけしました」

と、現在の心境を報告するとともに、

「りっちゃん、あんにん、スタッフさん、そして現場に居合わせたメンバーそしてファンの皆さんのショックを思うと犯人を許すことはできません。私たちは一人のせいでファンの皆さんとの交流を失いたくありません」
「いつ再開になるのか、どんな形になるのかはわかりませんが、交流の場がなくなるのはつらいです。アイドル好きとして、AKBだけじゃなく全ての現場で握手会がなくならないように願っています」

などと、今後も握手会が続くことを強く願っていた。その後、来月卒業予定の大島優子もGoogle+更新。二人からメールの返信がきたことや、ケガをしたスタッフに対しメンバーを守ってくれた感謝を示しつつ、

「そして、
私の大好きなグループが
今後も愛されていきますように。。。」

と締めくくっている。

しかし、警視庁万世橋署がAKB48の運営会社AKSに対し、安全策が固まるまで握手やハイタッチといったファンとメンバーとのふれあいイベントを自粛するように要請。秋葉原のAKB48劇場は5月31日まで休館となり、5月31日のナゴヤドームと6月1日の幕張メッセでの握手会も延期となるなど、今後のAKB48の活動にも大きな影響を与えることとなりそうだ。

さらに、AKB48系以外のグループにも影響は及んでいる。E-girlsのメンバーでもあるHappinessが5月29日から6月1日までに行う予定だった新曲リリース記念イベント全4回はすべて中止となった。また、6人組アイドルグループ・フェアリーズによる5月27日のリリースイベントでは、握手会の際、参加者の荷物をスタッフが一時的に預かるという措置を取ると発表された。

AKB48グループだけでなく、アイドル業界全体にも大きな影響を与えてしまった今回の襲撃事件。今後、再発を防ぐための安全対策の強化は必須となるだろう。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト