プリンを冷凍庫に入れたまま80億年…

凍らせプッチン!の動画がカオス

2014.06.11 WED



プッチンプリンを買った謎の男。自宅に帰り冷蔵庫に入れようとしたものの、空きスペースがなかったので、とりあえず冷凍庫に。しかし、そのことをうっかり忘れてしまい…。時は流れて80億年後、すでに地球は消滅の危機を迎え、ヨボヨボに年老いた男は、空腹を抱えマグマの流れる荒涼とした大地を彷徨っていた。食べるものがなくなり困り果てた男は突如、冷凍庫にプッチンプリンを入れたまま忘れていたことを思い出す。

この荒唐無稽なストーリーは、鎖音(くさりね)プロジェクトが制作したプッチンプリンとのコラボムービーの概略だが、ぐだぐだ説明するより、まずは動画を観てもらいたい。

いかがだろう? この異色の映像作品。あまりに突っ込みどころがありすぎて「?」がいくつも頭に浮かんでしまうけど、それこそが鎖音プロジェクトの魅力なのだ。

鎖音プロジェクトとは、世のあらゆる二次元を具現化しているクリエイター集団。わかりやすくいうと、“アニメを人で再現(実写化)する”ということなのだが、再現された映像は例外なく怪しすぎる仕上がりとなっている。しかし、アップされた作品の再生回数からもわかるとおり、無駄に(?)クオリティの高い映像と再現性の高さは、見るものを虜にしてしまう破壊力がある。

ふざけているのに真剣、くだらないことを全力で。そんな鎖音プロジェクトの作風は、プッチンプリンを凍らせて食べるという裏ワザっぽさにうまくマッチしている。エンディングに流れる「凍らせプッチン音頭」を聞きながら、脱力感に浸ってみてはいかが?

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト