韓国芸能界の“今”をウォッチ!

合成ヌード&デマ流布に法的措置

2014.06.11 WED


韓国のインターネット上にヒョナ(ヒョナ)の合成写真が流布されたなか、所属事務所が法律的な対応に乗り出すことを示した。|スポーツソウルドットコムDB
ガールズグループ4Minuteのメンバー・ヒョナ(22)が、合成写真に続いて悪質なデマに巻き込まれた。

先日5日、あるネットユーザーは、ヒョナの自撮りを用いてヌード写真のように合成した画像をネット中に流布した。これを受けヒョナの所属事務所は、該当画像を流布したネットユーザーに対して法的措置をとると、厳しい立場を示した。そんななか、「その合成写真はある男性アイドルのスマートフォンに保存されたもの」というデマに発展している状況だ。

ネット中に流布された合成写真は、モバイルメッセンジャーとSNSなどで急速的に拡散。画像は、あるアイドルグループのメンバーが失くしたスマートフォンに保存されたものという悪質なデマまで広まった。

現在該当画像は、ヒョナの顔とある女性のヌード写真を合成したものと明らかになったが、最初流布者の身元は確認されていない。

ヒョナの所属事務所であるCUBEエンターテインメント側は同日、「オンライン及びSNS上に広まったヒョナの合成写真及びデマと関連して、虚偽事実を制作・流布する者らに、強硬な法的措置をとる」とし「合成写真の原本及び制作依頼過程が分かる出所を入手し、今日警察に捜査を依頼して、厳重な処罰を求める意を伝える予定だ」と明らかにした。また「アーティストと関連して、故意的な誹謗を目的で合成画像とデマを作ったり、流布する者に対しては、今後いかなる妥協も有り得ないという立場を明白にする」と強調した。

一方、今回の騒動に先立って、miss Aのスジ、Davichiのカン・ミンギョンも同様な事件に遭っている。当時事件の加害者は、虚偽事実を流布した容疑(情報通信網利用促進法上の名誉毀損)で不拘束起訴され、懲役6ヶ月・執行猶予2年、社会奉仕活動80時間を宣告された。
(芸能チーム)


記事・画像提供/『スポーツソウルJAPAN』

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト