ネット界の“旬”なニュースをお届け!

大竹しのぶ歌うディズニー曲に驚き

2014.06.13 FRI

噂のネット事件簿


『マレフィセント』は、7月5日(土)より公開される予定だ ※この画像はサイトのスクリーンショットです
アンジェリーナ・ジョリーが主演する7月公開のディズニー実写映画『マレフィセント』。その日本版の主題歌『ONCE UPON A DREAM~いつか夢で~』を、女優の大竹しのぶが歌っていることが6月11日に発表された。同曲はYouTubeなどで事前に公開されていたものの、誰が歌っているかは公になっていなかったため、この発表を受けてネットには様々な反応が並んでいる。

同曲は、1959年のディズニーアニメ映画『眠れる森の美女』で流れるオープニングテーマ『ONCE UPON A DREAM』に、新しく日本語歌詞をつけてカバーされたもの。『マレフィセント』は、主人公のオーロラ姫に呪いをかける悪役であった魔女・マレフィセントの視点から描かれており、新たな日本語歌詞に加え、曲調・テン
ポも原曲とは大きく変更されている。

6月5日にディズニースタジオのYouTube公式チャンネルで同曲のミュージッククリップが公開されていたが、6日後にあたる11日にその歌い手が大竹であると発表されると、ツイッターには次のようなユーザーの反応が投稿された。

「こらまた意外な人選」
「あ、あの日本語版の歌って大竹しのぶさんなんだ なんか意外」
「大竹しのぶさんの主題歌いい感じだ!好き!」
「大竹しのぶ歌うまー!英語版を初めて聴いたとき、邪悪で不気味だけど美しいってイメージ持ったけど、吹き替え版もその感じが出てて、素敵!」

このように、驚きや称賛など様々な声がみられる。

また、目下大ブームのディズニー映画『アナと雪の女王』を想起するユーザーも少なくない。同作の日本版の主題歌『Let It Go』も、劇中で歌っているのは本業が女優である松たか子。ディズニー映画で有名女優が主題歌を歌うパターンが続いたため、自然と『アナ雪』のことが頭に浮かんできたようだ。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト