新橋のサラリーマンを見ると「ガンバレー!」って応援したくなる

比嘉愛未

2014.07.03 THU

今週の彼女

1986年6月14日生まれ。沖縄県出身。NHK連続テレビ小説『どんど晴れ』の主演以降、多数の作品に出演。7月8日(火)よる10時より新シリーズが始まるAKIRA主演のドラマ『GTO』(関西テレビ・フジテレビ系)では新ヒロイン役を熱演。
女優デビューから10周年にあたる節目に、ロングヘアーをばっさり切った比嘉愛未さん。心機一転で臨むのは人気ドラマ『GTO』です。

─ 反町隆史さんの時代から数えて3代目ヒロインですね。

初代をタイムリーに観ていた世代なので、うれしかったと同時にプレッシャーも感じてます。昨年お仕事をご一緒した反町さんからも「おお、がんばれ」と。

─ それは確かにプレッシャーですね(笑)。役どころは?

夢を抱いて教職に就いたものの壁にぶつかった28歳の女教師役です。仕事はそつなくこなすけど、夜は居酒屋で飲んだくれて愚痴をこぼす、みたいな。鬼塚先生や問題だらけの生徒に比べるとリアルな存在かも。

─ 視聴者も親近感がわきそう。

そう思います。今の私にもピッタリの役。デビューから10年、同じような役が続いたときには「これでいいのかな?」と悩んで、友達と朝まで飲んでいたこともありますから(笑)。

─ それはR25世代も同じかも。

だから新橋で飲んだくれて、でも日々頑張ってるサラリーマンの姿を見ると「私もだー、ガンバレー!」って応援したくなっちゃうんですよね。

─ 最後に読者へのメッセージを。

私も日々悩むことも多いのですが、思い切って髪を切ったことで新しいことにチャレンジできそうです。なのでみなさんも自分や環境を変えたいと思ったら、後悔しないよう何かアクションしてみてくださいね。

小島マサヒロ=撮影
熊山准=取材・文

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト