新アトラクション続々! 達人が教える

TDR&USJ「並ばず満喫」テク

2014.07.15 TUE


カノジョをよろこばせられるか、それともイライラさせてしまうか…。デートの成功or失敗はキミ次第だ!
東京ディズニーランドでは、プロジェクションマッピングを取り入れた光のショー「ワンス・アポン・ア・タイム」が5月29日にスタート。ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)では、『ハリー・ポッター』の世界を再現したテーマパーク「THE WIZARDING WORLD OF Harry Potter」が7月15日にオープンと、なんだか話題多めのアミューズメントパーク。

もちろん行ってみたいけど、ただでさえ普段から混み合っているのに、新アトラクションの影響も重なって、待ち時間だけで日が暮れてしまいそう…。そう思って二の足を踏んでいる人のために、『東京ディズニーランド&シー お得技ベストセレクション』(晋遊舎)などの著書がある“テーマパークの達人”吉田よしかさんが、なるべく並ばずに効率よく遊べるコツを教えてくれた。

まずは無料の“時短テクニック”から!

「東京ディズニーランド&シーでは『ファストパス』取得がマストですが、比較的早く発券終了してしまう『スプラッシュ・マウンテン』や『プーさんのハニーハント』のファストパスを優先的に取得し、『スペースマウンテン』『スターツアーズ』のファストパスは午後に取得すると、より多くファストパス対応アトラクションが楽しめます。さらに、“朝早く行かなきゃ”という固定観念を捨てて、混みあう開園直後を避け、少し遅めに入場したり、ランチはピーク時をはずして11時ごろに済ませたりするのも効率的。USJでは、指定アトラクションの乗車時間を指定予約できるシステム『よやくのり』を利用すれば、長い列に並ぶ必要がありません。

また、東京ディズニーランドの『ワンス・アポン~』は抽選制なので、見やすい場所で観賞したい場合は、かなり早くから並ばなければいけませんが、このショーは1日2回公演を行っており、1回目(20:35~)よりも、2回目(21:35~)のほうが圧倒的に空いています。お時間に余裕がある場合は、1回目ではなく、2回目の方を観賞することをお薦めします」

先日、吉田さんはオープン前の『THE WIZARDING~』も体験済み。

「『THE WIZARDING~』は高価なエクスプレスパスなどを購入しなくても、入場整理券(無料)を発券してもらえば指定時間に入場できます。ただし、枚数に限りがあるので、入場する時間帯によっては発券が終了している可能性が高いと案内されていました。入場したら、まず初めに整理券を取りに行きましょう」

続いて有料編。

「東京ディズニーランド&シーでは、指定時刻に優先的に案内してもらえる“プライオリティ・シーティング”などの特典が付いてくる宿泊プラン『バケーションパッケージ』がお得です。一方、USJには提携先のJTBが販売している各種宿泊プランがあり、開園15分前に入場できる“アーリー・パークイン”のほか、『THE WIZARDING~』の入場確約券がセットになっていたりします」

なるほど! 無料でも計画的に動けば無駄な時間を減らすことができるし、思い切って奮発して、宿泊込みのパッケージ&プランなどを利用すれば、いろいろと優遇が受けられる、というわけですね。

“時短テク”をフル活用して、この夏はメジャー系テーマパークを完全攻略だ!
(松本京也/D.P.P.)

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト